知人女性のリュックサックに衛星利用測位システム(GPS)機器を入れ、女性の居場所を調べたとして、警視庁巣鴨署は24日、ストーカー規制法違反の疑いで、千葉県四街道市下志津新田の会社員、今関尊丸(たかまる)容疑者(61)を逮捕した。調べに対し、「機械は自分では入れておらず、なぜかまぎれた」と容疑を一部否認している。
ストーカー規制法は昨年改正され、GPS機器を無断で設置したり、位置情報を取得したりすることを禁じた。機器を設置したことで改正法が適用されるのは警視庁では初めて。
逮捕容疑は、今年2月27日、知人の20代女性のリュックにGPS機器を入れ、3月3日までに72回、女性の位置情報をスマートフォンで確認したとしている。女性が、知らない機械がリュックに入っていることに気づき、巣鴨署に相談した。
巣鴨署によると、今関容疑者は女性と数年前に知り合い、一方的に好意を寄せていた。2月27日は、今関容疑者が女性を呼び出し、隙を見て持っていたリュックに機械を入れたとみられる。
https://www.sankei.com/article/20220624-CE7FWJ3BKNMPXIIEUHG6AO33KQ/