21日午後4時半ごろ、大分県宇佐市の県営住宅の一室で、性別不明の2人の遺体を大分県警宇佐署員らが見つけた。県警によると、部屋に住む80代の夫婦と連絡が取れないという。遺体はいずれも腐敗が進んでいた。県警は司法解剖し、身元確認や死因の特定を急ぐ。
県警によると、夫婦のおいから21日午後、宇佐署に「親族と連絡が取れない」と相談があり、署員がおいと一緒に部屋を訪れた。県警は病死や事件などの可能性も含めて調べている。
https://www.sankei.com/article/20220621-E5IDE77NEVOBRIWS6DUX5SXCHE/