カテゴリー

« 基準外「アシスト自転車」注意を 普及進み事故急増 知らずに道交法違反も(17日)共同 | トップページ | 性暴力被害、相談せず47.3% 若年層対象、内閣府調査(17日)時事 »

2022年6月17日 (金)

大麻を始めたのは中学3年、興味本位から すれ違う全員が警察官…過剰摂取で妄想も そして逮捕「親の泣き顔見て失うものの大きさに気づいた」 鹿児島県内 10、20代の摘発最多(17日)共同

若者の大麻乱用が鹿児島県内でも顕著になっている。県警が2021年に大麻取締法違反容疑で摘発した39人中、10代(9人)と20代(19人)は全体の7割を占め、過去10年で最多だった。昨年、別の県警に所持容疑で逮捕された男性(24)は「親の泣き顔を見て失うものの大きさに気づいた」と後悔を口にした。
 逮捕された男性は、県外に住んでいた中学3年の頃に大麻を始めた。きっかけは遊び仲間の先輩への憧れ。「吸ったらどうなるのか興味があった。かっこいいと思っていた」。感覚が鋭くなったり、気分が明るくなったりするのが快感だったという。
■「寂しさを埋めるため」
 鹿児島で1人暮らしを始めた頃から、友人伝いで購入するようになった。「寂しさを埋めるのにちょうどよかった。大麻を通じて知り合った友だち2〜3人と吸っていた」。たばこや酒と同じ嗜好(しこう)品の一つ-。そんな感覚だった。
 一時的に不安や妄想、不快な気分に駆られる「バッドトリップ」に陥ったことも。「過剰摂取や落ち込んだときになりやすい。すれ違う全員が警察に思えて、誰かに捕まるんじゃないかと被害妄想が膨らんだ」
 大麻を所持した疑いで昨年、逮捕された。職場に迷惑を掛け、悲しむ親の姿を見て二度とやらないと誓った。それでも、周囲の誘いに気持ちが揺らぐときがあるという。
 「繁華街を歩いていると、大麻独特の匂いや充血した目から『この人、吸っているな』と思える若者をよく見かける。ガラの悪い人だけではない」
続きを見る
https://373news.com/_news/storyid/157844/

« 基準外「アシスト自転車」注意を 普及進み事故急増 知らずに道交法違反も(17日)共同 | トップページ | 性暴力被害、相談せず47.3% 若年層対象、内閣府調査(17日)時事 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基準外「アシスト自転車」注意を 普及進み事故急増 知らずに道交法違反も(17日)共同 | トップページ | 性暴力被害、相談せず47.3% 若年層対象、内閣府調査(17日)時事 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ