指定暴力団稲川会系組員2人によるヤミ金融事件の被害に遭ったとして、関東地方に住む40代男性ら10人が16日、同会トップの辛炳圭(通称・清田次郎)元会長(82)ら4人に約1300万円の損害賠償を求め訴えを静岡地裁に起こした。静岡県警が同日発表した。原告らは辛元会長に使用者責任があると主張している。
県警によると、ヤミ金の被害者が暴力団を提訴するのは全国初。ヤミ金の利息が暴力団の資金源になっている例は多いとされ、提訴によって資金源を断つ狙いがある。
訴状などによると、稲川会系組員2人は平成25~令和2年、無登録で貸金業を営み、原告らに複数回にわたり現金計50万~150万円を貸し付けた上、法定金利を超える利息を受領したとしている。
2人は2年に貸金業法違反(無登録営業)容疑などで静岡県警に逮捕された後、同罪などで起訴され、いずれも有罪判決を受けた。県警によると、1人は現在も服役中。
https://www.sankei.com/article/20220616-MCGLQAY7E5NIBEGWT2VNDCWYFA/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E7%A8%B2%E5%B7%9D%E4%BC%9A%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%89%E3%81%AB%E8%B3%A0%E5%84%9F%E8%AB%8B%E6%B1%82%20%E3%83%A4%E3%83%9F%E9%87%91%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%EF%BC%91%EF%BC%90%E4%BA%BA%E3%80%81%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%88%9D