カテゴリー

« 昨年の大麻検挙、最多更新 7割が20代以下―厚労省(28日)時事 | トップページ | ゴンドラ故障か ビルの窓清掃作業員 熱中症の疑いで搬送(28日)NHK »

2022年6月28日 (火)

元弁護士に有罪判決 破産手続き放置、裁判文書偽造―東京地裁(28日)時事

受任した破産手続きを放置しながら、手続きが終わったとする裁判所の決定文を偽造したとして、有印公文書偽造・同行使罪に問われた元弁護士、田原一成被告(43)の判決で、東京地裁の深野英一裁判長は28日、「重要な公文書である裁判文書の信頼を大きく損なった」と述べ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 深野裁判長は「業務懈怠を取り繕う目的で犯罪行為に手を染めたことは強い非難に値する」と指摘。弁護士会を除名されたことなどから執行猶予相当とした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062800761&g=soc

« 昨年の大麻検挙、最多更新 7割が20代以下―厚労省(28日)時事 | トップページ | ゴンドラ故障か ビルの窓清掃作業員 熱中症の疑いで搬送(28日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨年の大麻検挙、最多更新 7割が20代以下―厚労省(28日)時事 | トップページ | ゴンドラ故障か ビルの窓清掃作業員 熱中症の疑いで搬送(28日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ