カテゴリー

« 個別指導、10年で2.5倍 小中学校の発達障害対応で急増―教員の「巡回」方式推奨へ・文科省(12日)時事 | トップページ | 運転手に信号無視教唆か 男性はねられ死亡 助手席の容疑者逮捕(12日)NHK »

2022年6月12日 (日)

復興拠点の避難指示解除 帰還困難区域、初の居住再開―再建に課題も・福島県葛尾村(12日)時事

東京電力福島第1原発事故で原則立ち入りが禁止されている帰還困難区域のうち、福島県葛尾村の「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の避難指示が12日午前、解除された。帰還困難区域は、2020年3月にJR常磐線の線路や駅周辺で解除されたが、住民の居住再開につながるケースは今回が初めて。

住民「ようやく戻れる」 生活不安で諦める人も―避難指示解除・福島県葛尾村

 解除されたのは葛尾村北東部にある野行地区の一部(約95ヘクタール)で、届け出なしで日常生活が可能になる。午前8時、同地区に設置された36カ所のバリケードが撤去され、立ち入り規制が解かれた。
 篠木弘村長は「ここからがスタートだ」と強調し、「まだ(住民には)不安や要望もあるだろう。話し合いの場を持ちたい」と述べた。
 地域の再建には課題も残る。事故から11年余りが経過し、同村の復興拠点にあった住宅はほとんどが解体され、避難先での定住も進む。村によると、復興拠点には30世帯82人が住民登録をしているが、昨年11月末から始まった「準備宿泊」に参加したのは2世帯4人にとどまった。https://www.jiji.com/jc/article?k=2022061200079&g=soc

« 個別指導、10年で2.5倍 小中学校の発達障害対応で急増―教員の「巡回」方式推奨へ・文科省(12日)時事 | トップページ | 運転手に信号無視教唆か 男性はねられ死亡 助手席の容疑者逮捕(12日)NHK »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個別指導、10年で2.5倍 小中学校の発達障害対応で急増―教員の「巡回」方式推奨へ・文科省(12日)時事 | トップページ | 運転手に信号無視教唆か 男性はねられ死亡 助手席の容疑者逮捕(12日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ