三重県南伊勢町の町立南伊勢病院に勤務していた30代の男性職員が1億5千万円以上を着服していたとされる問題で、同町の男性(73)が28日までに業務上横領容疑での告発状を津地検に提出した。地検は今後、受理の可否を判断する。
町によると、職員は診療費を着服したり、病院の口座から無断で出金したりするなどして計約1億5千万円を着服。平成30年度まで在籍した上下水道課でも約500万円を横領した疑いがある。「アイドルのグッズやコンサート、インターネットゲームの課金に使った」と説明している。
職員は出勤停止中で、町も刑事告訴する方針。
https://www.sankei.com/article/20220628-XI4R5WFBAFOXPPGZJELUK6FBNI/