北海道警斜里署は21日、斜里町のコンビニエンスストアで食料品を盗んだとして、窃盗の疑いで、札幌市中央区大通西、読売新聞北海道支社の記者、高橋沙耶香容疑者(24)を逮捕した。読売新聞グループ本社広報部によると、容疑者は当時、知床半島沖で起きた観光船沈没事故を取材するため、出張中だった。
逮捕容疑は4月28日午後9時ごろ、斜里町ウトロ東のコンビニで弁当や菓子など食料品9点(販売価格計2657円)を盗んだとしている。
斜里署によると「間違いない」と容疑を認めている。コンビニ側からの被害届を受け、捜査を開始。防犯カメラに高橋容疑者が会計を済ませず店を立ち去る姿が写っていた。
高橋容疑者は6月18日、札幌市の商業施設内にある書店で漫画1冊(販売価格880円)を盗んだ疑いで現行犯逮捕され、札幌区検が21日に処分保留で釈放していた。理由は明らかにしていない。
https://www.sankei.com/article/20220621-TZECPDZUAVPPDLYMTBHEJBYOFQ/