任天堂の人気キャラクター「マリオ」などの著作権を侵害するワッペンを輸入しようとしたとして、兵庫県警は1日までに関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで、神戸市東灘区本山南町のアルバイト、大串啓司容疑者(59)を逮捕した。神戸税関は同日、神戸地検に告発した。
逮捕容疑は氏名不詳者と共謀し令和3年4~6月、4回にわたり、ワッペン約6千枚を郵便物に隠し、中国の郵便局から自宅宛てに発送させたとしている。県警や税関によると、ワッペンは関西空港に到着後、大阪税関の検査で見つかった。
大串容疑者は「生活費を稼ぐためにやった」と容疑を認めている。2年7月からの約1年間で、同様のワッペンをフリーマーケットアプリ「メルカリ」などに出品し、約160万円の売り上げがあったとみられる。
https://www.sankei.com/article/20220601-LZAM7PIFFRMLVAC6PBWP7EAWOU/