カテゴリー

« 2022年6月25日 (土) | トップページ | 2022年6月27日 (月) »

2022年6月26日 (日)

2022年6月26日 (日)

バイクと車が衝突、2人死傷 静岡の会社員逮捕(26日)産経

26日午後3時10分ごろ、愛知県豊橋市東細谷町一里山の交差点で、直進のバイクと右折しようとした乗用車が衝突した。バイクに乗っていた20代ぐらいの女性は搬送先の病院で死亡が確認された。バイク運転の20代ぐらいの男性は重傷とみられる。
愛知県警豊橋署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた静岡県湖西市新所原東の会社員、小野美冴(みさえ)容疑者(44)を現行犯逮捕した。容疑を過失致死傷に切り替えて調べる。
署によると、現場は信号のある交差点。通行人から110番があった。
https://www.sankei.com/article/20220626-AGAN5E2BPRKZPNOCDB547GCQBI/

高齢者の認知機能低下、8割の施設で コロナ制限影響か(26日)日経

新型コロナウイルス対策の長期化で、高齢者施設に入所する人の認知や身体機能の悪化が鮮明になっている。広島大などの研究グループが6月にまとめた調査結果によると、入所者の認知機能の低下がみられたと回答した施設は8割に上り、前回調査を上回った。面会や外出などの行動制限が背景にあるとみられる。
コロナ下で低下した入所者の生活の質(QOL)を向上させるためにも、行動制限の緩和と感染防止策を両立させる工夫が欠...
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。残り1242文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE069J50W2A600C2000000/

USB紛失は「協力会社の委託先の社員」 市の委託業者、説明に誤り(26日)朝日

兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市から業務委託を受けた情報システム大手「BIPROGY(ビプロジー)」は26日、メモリーを紛失したのを「協力会社の社員」と説明してきたのが、「協力会社の委託先の社員」の誤りだったと発表した。
 BIPROGYは24日の記者会見で、紛失したのは協力会社の40代男性社員だったと、企業名も挙げた上で説明していた。BIPROGYは「協力会社から聞き取る中で認識を誤った」としている。
 BIPROGYによると、尼崎市との契約書では、業務の一部を委託する際は市の許可を取ると記載していた。BIPROGYが今回の業務を協力会社に委託し、協力会社がさらに別の会社に委託していたことについて尼崎市は「紛失発覚後に初めて知った」と説明している。
 USBメモリーは21日、データ移管作業後にUSBメモリーを持ったままBIPROGY関西支社の社員と大阪府吹田市内で飲酒した男性が、帰宅時に路上で寝込んでかばんごと紛失。24日に同市内で見つかった。メモリーには約46万人分の名前、住所、生年月日のほか、住民税額や、児童手当生活保護の受給世帯の口座情報などが入っていた。(小川聡仁、中塚久美子
https://www.asahi.com/articles/ASQ6V7DLPQ6VPIHB019.html

自転車でひき逃げ容疑の男逮捕「自分は悪くない」 女性が意識不明(26日)朝日

大阪市北区の歩道上で25日早朝、自転車同士が衝突して女性(76)が頭をけがして意識不明の重体になり、もう一方の自転車が逃走したひき逃げ事件で、大阪府警は26日、大阪市城東区鴫野西1丁目、自称飲食店経営の市原直人容疑者(46)を重過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。市原容疑者は「事故を起こしたが、相手の方が寄ってきたので自分は悪くない」と供述しているという。

 天満署によると、市原容疑者は25日午前6時25分ごろ、北区天満1丁目の路上で自転車に乗車中、大阪市都島区の女性が乗る自転車と接触し、けがを負わせたが、そのまま逃げた疑いがある。防犯カメラ映像などから、市原容疑者が浮上したという。
https://www.asahi.com/articles/ASQ6V76Y5Q6VPTIL005.html

東京都 新型コロナ 1人死亡 2004人感染確認 9日連続前週上回る(26日)NHK

東京都内の26日の感染確認は、1週間前の日曜日より382人多い2004人で、9日連続で前の週の同じ曜日を上回りました。また、都は、感染が確認された1人が死亡したことを発表しました。
東京都は、26日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の2004人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の日曜日より382人増えました。
前の週の同じ曜日を上回るのは9日連続です。
26日までの7日間平均は、2018.0人で、前の週の125.9%でした。
26日確認された2004人を年代別に見ると、20代が最も多く、全体の18.9%にあたる379人でした。
65歳以上の高齢者は165人で、全体の8.2%です。
一方、人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、25日と同じ3人でした。
また、都は、感染が確認された40代の男性1人が死亡したことを発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689181000.html

【国内感染】新型コロナ 12人死亡 1万4238人感染 (26日18:00)(26日)NHK

26日は午後6時までに全国で1万4238人の感染が発表されています。また、大阪府で3人、岐阜県で1人、愛媛県で1人、愛知県で1人、東京都で1人、熊本県で1人、福島県で1人、群馬県で1人、長崎県で1人、静岡県で1人の、合わせて12人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め925万6825人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて925万7537人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1129人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1142人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は26日の新たな感染者数です。

▽東京都は158万7467人(2004)▽大阪府は100万6882人(1134)▽神奈川県は77万6041人(1062)▽埼玉県は56万6504人(693)
▽愛知県は56万6159人(706)▽千葉県は46万1650人(548)▽福岡県は44万5006人(703)▽兵庫県は44万1237人(581)
▽北海道は37万9664人(550)▽沖縄県は24万7776人(1268)▽京都府は21万1071人(283)▽静岡県は17万8125人(230)
▽広島県は16万7620人(321)▽茨城県は16万4348人(194)
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689781000.html

熊本県で震度5弱の地震 津波の心配なし(26日)NHK

午後9時44分ごろ、熊本県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。
▽震度5弱の揺れを観測したのは熊本県美里町でした。▽震度4を熊本市西区、熊本市南区、熊本県八代市、山鹿市、宇城市、嘉島町、益城町、甲佐町、氷川町で観測しました。▽震度3を福岡県嘉麻市や、熊本市中央区、熊本市東区、熊本市北区、熊本県玉名市、菊池市、上天草市、合志市、和水町、大津町、菊陽町、高森町、御船町、山都町、西原村、南阿蘇村、宮崎県延岡市、椎葉村で観測しました。
このほか、震度2や1の揺れを九州や四国、山口県の広い範囲で観測しました。
気象庁の観測によりますと震源地は熊本県熊本地方で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.7と推定されています。

地震による被害情報なし 熊本県 午後10時20分時点

熊本県の危機管理防災課によりますと、午後10時20分現在、被害の情報は入っていないということで、引き続き、情報収集にあたっているということです。
また、熊本県警察本部によりますと午後11時現在、この地震による被害の情報は入っていないということです。引き続き、情報収集にあたっているということです。

「2、3日は同じ程度の揺れに注意」東大地震研 古村教授

この地震について東京大学地震研究所の古村孝志教授は「今回は2度の震度7を観測した2016年4月の『熊本地震』のうち1度目(14日)の震源と近く余震と考えられる。震源が浅いため、地震の規模に比べて揺れが強くなったと考えられる」と指摘しました。
そのうえで「大きな揺れの後には地震が続くことが多く、今後2、3日程度は同じ程度の揺れに注意が必要だ。今夜は倒れる家具などがない安全な場所で休んでほしい」と話しています。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689961000.html

中国艦が八丈島北を通過 2週間、情報収集活動か―防衛省(26日)時事

防衛省統合幕僚監部は26日、中国海軍の情報収集艦が伊豆諸島の八丈島の北側を航行したと発表した。日本本土に近い異例のルートで、同省が意図などを分析している。12日に対馬海峡を通過したのと同じ艦艇で、太平洋などで約2週間にわたり活動を続けていたとみられる。

〔写真特集〕中国海軍

 同省によると、26日午後、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦が、伊豆諸島の御蔵島と八丈島の間を西進したことを海上自衛隊が確認した。領海侵入はなかった。
 同艦は12日に別の3隻と対馬海峡を東進した後、16日に津軽海峡を抜けて太平洋に入り、その後別行動をしていた。3隻は21日に伊豆諸島のより南側の海域を通過している。中国軍艦による御蔵島―八丈島間の航行を防衛省が公表したのは初めて。同省は警戒を強めている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062600384&g=soc

宮城・登米バイオガス発電 「本当のこと言えば詐欺に」コンサル幹部が発言(26日)共同

 宮城県登米市東和町に建設予定のバイオガス発電所計画を実質的に取り仕切るコンサルタント会社「都市開発研究所」(東京)の社長とされる人物が、食品廃棄物を燃料とする発電計画について「本当のことを言ったら詐欺になってしまう」と発言していたことが25日、河北新報社が入手した音声データで分かった。
計画は、経済産業省の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で認可された後も、設定した予定出力1999キロワットに必要な食品廃棄物を確保できるめどが立っていなかったとみられる。音声データは、計画の実現が困難なことを認める内容になっている。
 入手したのは、社長とされる人物が昨年10月21日、間借りしていた東京都中央区の事務所で、従業員らに事業状況を説明した音声データ。
 同社は当時、登米市東和町の他にも同市迫町と角田市で、同様の発電所計画を進めていた。音声の人物は発電所1カ所だけでも1日108トンの食品廃棄物が必要だと指摘。「宮城県で排出される廃棄物を全て入手しても1カ所の必要量も賄えない。3カ所で進めてはいけなかった」と述べた。
 3カ所のバイオガス発電所計画は既に事業者となる投資会社に売却していた。「いまさら発電燃料が足りないと言えない。本当のことを言ったら詐欺になってしまう」と語っている。
 予定出力1999キロワットに必要な食品廃棄物量に関しては「発電燃料は山ほどある想定だったが、そこが間違っていた。(廃棄物量は)1日2トンでも大変なのに100トンを集めようとすることが間違い」と述べた。
 都市開発研究所の元従業員は「会社は思いつきで事業を展開し、対応もいいかげんだった」と指摘する。
 登米市東和町のバイオガス発電所計画を巡っては、事業者の千葉市の合同会社が経産省に提出したFIT申請書のうち、食品廃棄物の供給内容の覚書が偽造されていたことが判明している。必要な大量の廃棄物を、宮城県外の大手食品メーカー2社から調達できるとする虚偽の内容だった。https://kahoku.news/articles/20220625khn000036.html

週末、異例の6月猛暑 各地で今年最高気温(26日)共同

国内観測史上初めて6月に40度超の最高気温が群馬県伊勢崎市で観測された25日に続き、26日も北・東日本の太平洋側を中心によく晴れて気温が上がり、この週末は各地で異例の猛暑が続いた。25日に40.2度だった伊勢崎市は26日も36.8度まで上昇。2日連続で全国トップとなった。西日本でも今年最高気温となる観測点が相次いだ。
 北日本から西日本は27日以降も当面は気温がかなり高い状態が続く恐れがあり、気象庁は熱中症対策を呼びかけている。
 26日は東京都心部の気温も記録が残る1875(明治8)年以降の6月の最高気温と並ぶ36.2度に達した。
https://nordot.app/913696590223949824?c=39546741839462401

😊警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位レベル)
重要窃盗犯は減少
【治安うんちく】
2_20220626225701Img_20220612_122352   重要窃盗犯の減少傾向は続いている。中でも侵入盗は大幅に減っている。ところが検挙率が大幅にダウンしているのが気がかりである。
 … … … … …
 警察庁によると令和4年5月現在の重要窃盗犯の認知件数は1万7315件で、前年同期より920件の減少。
 罪種別で最も減少したのが、認知件数で最多の侵入盗で前年同期より1182件も減って1万4235件だった。住宅侵入盗が減ったのが要因とみられる。さらに、すり犯も201件減の369件になっている。
ところが、ひったくりにいたっては43件増の260件。自動車盗は420件も増えて2451件だった。
 一方、検挙率はなんと前年同期より34.0ポイントもダウンして47.4㌫と5割を切っている。最も低かったのは認知件数が増加している自動車盗で30ポイントも下がり32.0㌫となってしまった。
 重要窃盗犯のランキングは埼玉の1609件、愛知の1548件、千葉の1333件、東京の1114件、大阪の985件と続く。
 愛知がなんと前年より265件も増加してランキング入りしている。これに対して千葉が前年より175件、神奈川が162件、東京が77件と首都圏での減少が目立っている。
 一方、検挙率のランキングは、徳島の119.1㌫、山口の117.5㌫、石川の115.9㌫、熊本の104.5㌫、神奈川の102.4㌫と続いている。
 低かったのは愛知の27.5㌫、群馬の28.2㌫、大阪の37.2㌫、茨城の37.3㌫、栃木の37.4㌫と続く。
 首都東京は前年より33.9ポイントも下げて96.7㌫だった。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

焦った様子の男性に助言 コンビニと店員、詐欺被害防ぐ(26日)共同
訪問中に詐欺電話、ケアマネジャー居合わせ被害防ぐ 葉山(24日)共同
弁護士ら持続化給付金詐取の疑い 広島県警、2人逮捕(23日)共同
給付金詐欺事件 FP資格を示して信用させていた疑い(23日)NHK
34歳男が規模拡大けん引か ★ 受け付け初日から虚偽申請―給付金詐欺・警視庁(23日)時事
「偽札か調べる」警察官かたり8200万円 詐取容疑で6人逮捕(22日)産経
持続化給付金詐取の疑いで逮捕 インドネシアから移送の男(22日)共同
給付金詐欺事件 インドネシアから容疑者移送し逮捕へ 警視庁(22日)NHK
「申請役」の女を再逮捕 給付金詐取容疑 国税職員関与のグループ一員(21日)朝日

関東は26日も厳しい暑さ 東京・練馬で36度超え(26日)日経

太平洋高気圧の影響で26日も関東を中心に晴れ間が広がり、朝から気温が上昇した。気象庁によると、午前11時40分までの最高気温は東京都練馬区で36.4度、埼玉県越谷市で35.7度、東京都府中市と群馬県高崎市で35.4度を観測した。ほかにも35度以上の猛暑日となっている地域があり、気象庁は熱中症への注意を呼びかけている。
25日に40.2度を観測し、6月の国内最高気温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。残り181文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE260PB0W2A620C2000000/

高速道路を“自転車”で逆走…70代男性「間違って入ってしまった」 警察が確保(26日)TBS

6月26日朝、阪神高速池田線を自転車で逆走していた男性が警察に確保されました。
 26日午前6時半ごろ、大阪府豊中市の阪神高速11号池田線の池田方面行きで、走行していた車から「自転車が逆走している」と相次いで110番通報がありました。警察によりますと、自転車に乗った70代の男性が高速道路を1kmほど逆走していて、通報から約10分後に警察が大阪市淀川区の高速道路内で確保しました。事故は起きなかったということです。
 男性は警察に「間違って入ってしまった」と話しているということです。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/79572?display=1

義理の息子に暴行した疑い 同居の父親を現行犯逮捕 熊本(26日)TBS

26日未明、熊本県玉名市の自宅で義理の息子の顔を殴ったとして60代の父親が現行犯逮捕されました。
暴行の疑いで現行犯逮捕されたのは玉名市岩崎に住む会社員の男(62)です。
警察によりますと男は26日午前2時ごろ、玉名市の自宅で同居する小学校高学年の義理の息子の顔を殴った疑いが持たれています。
「お父さんに暴力を受けた」という息子からの110番通報を受け警察がかけつけたところ、息子の上唇に傷があったということで、暴行との因果関係を調べています。
男は逮捕された時、酒に酔った状態で警察の調べに対し容疑を否認しています。
警察は同居している妻と長女にも話を聞くなどして当時の状況について詳しく調べています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/79575?display=1

海水浴中に不明の高校生 沖合で見つかるも死亡 神奈川 平塚(26日)NHK

25日、神奈川県平塚市で友人と海水浴をしていた高校2年の男子生徒が流されて行方がわからなくなり、海上保安部などが捜索していましたが、26日朝、沖合で見つかり、死亡が確認されました。
25日午後6時ごろ、平塚市の海水浴場「ひらつかビーチパーク」で泳いでいた男性が沖に流されたと消防に通報がありました。
警察などによりますと、流されたのは神奈川県座間市に住む高校2年生の小堀一騎さん(16)で、26日午前7時過ぎ、捜索にあたっていた海上保安本部のヘリコプターが砂浜から30メートルほど沖合で見つけ、救助されましたが、死亡が確認されました。
警察によりますと、小堀さんは同級生6人とともに海水浴場を訪れていたということです。警察が死因や詳しい状況などを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013688951000.html

窃盗容疑で巡査逮捕 居酒屋更衣室に侵入―警視庁(26日)時事

居酒屋の更衣室に侵入して現金を盗んだとして、警視庁は26日、建造物侵入と窃盗の疑いで、築地署警務課留置係の巡査野口敦史容疑者(27)=東京都目黒区東山=を逮捕した。「置いてあった財布から現金を盗んだ」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は25日午後3時45分~同4時半ごろ、中野区の居酒屋の更衣室に侵入し、店員数人の財布から現金計約3万8500円を盗んだ疑い。
 同庁によると、野口容疑者は同日午前から同僚と飲酒し、はしご酒をしていた。午後5時前、更衣室から出てくる客の同容疑者を目撃し、現金が盗まれたことに気付いた店側が110番した。
 大嶌正洋警務部参事官の話 警察に対する信頼を著しく損なう行為で極めて遺憾。厳正に対処したい。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062600178&g=soc

焦った様子の男性に助言 コンビニと店員、詐欺被害防ぐ(26日)共同

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、秋田県警横手署は23日、横手市のセブン―イレブン横手上真山店(川合亮輔オーナー)と店員の高橋由紀子さん(52)に感謝状を贈った。
 署や店によると5日午前6時過ぎ、来店した市内の70代男性が焦った様子で「料金を支払いたい」と高橋さんにスマートフォンを見せてきた。画面には「警告」の文字とバーコード、サイトの使用料45万円を請求する文章が表示されていた。
https://www.sakigake.jp/news/article/20220626AK0036/

サイバーセキュリティボランティアに委嘱 長崎商高・松浦高 県警(26日)共同

県警は20日、長崎市立長崎商業高(前田和信校長、709人)の3年生20人を本年度のサイバーセキュリティボランティアに委嘱した。情報処理を専門に学ぶ高校生が、小中学生にインターネットの正しい使い方などを教え、サイバー犯罪被害防止につなげる狙い。
 同ボランティア制度は2018年度から、若い世代同士で情報モラルを学んでもらおうと開始。本年度は現時点で、同校を含む県内4校、64人に委嘱した。今回で3年目となる同校では、10月から県警のボランティア養成講座を受け、12月から来年1月にかけて県内の小中学校で出前授業を行う予定。
 同市泉町の同校で交付式があり、県警生活安全部の朝末英一サイバー犯罪対策課長が生徒代表の紙上真倫さん(17)に委嘱状を手渡した。紙上さんは「うまく教えられるか不安だけど、正しい知識を伝えられるように頑張る」、本田礼恩さん(18)は「母校の中学校にボランティアが来てくれて勉強になったので、今度は自分が中学生たちに教えたい」とそれぞれ話した。
https://nordot.app/913619014781747200?c=39546741839462401

「ハウルさんはいい人…」危険でも“トー横”に通う若者たち 愛に飢える“親ガチャ”の悲しい現実(26日)TBS

東京・新宿歌舞伎町の「トー横」で活動するボランティア団体の会長の男が少女にみだらな行為をしたとして逮捕された。被害にあった少女は誘いを断れなかった理由について「居場所がなくなると思った」と話した。危険と隣り合わせにもかかわらず「トー横」に集まる若者たち。彼らが求める居場所とは一体どんなものなのか?なぜそこまで渇望するのか?

■「めんどくさーい」トー横に集まる若者の本音は?

新宿・歌舞伎町の中心にある新宿東宝ビル。その周辺は「トー横」と呼ばれ10代、20代の若者のたまり場になっている。トー横の若者たちはなぜここに居場所を見出しているのだろう。地べたに座り込み談笑する若者たちの集団。近づきがたさを感じていると、女性3人、男性1人のグループが私たちのほうに歩み寄ってきた。取材の意図を説明すると「いいですよ」と、予想より軽いトーンで話し始めた。
ーーなぜここに集まっているんですか?

「帰るのめんどくさいんですよ」
「友達と居たいから。ただの友達とのお泊り会と一緒ですよ」


ーー家に帰りたくないのはなぜですか。

「めんどくさーい」
「家に帰りたくないわけじゃなくて、普通に家に帰るのがめんどくさい」


ーーこの場所ってどういう存在ですか。
続きを見る
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/78987?display=1

表面化しづらい「男性の性被害」 知られざる実態(26日)産経

心に深い傷を負うことから「魂の殺人」と呼ばれる性犯罪。深刻な性的トラウマに長い間苦しめられる被害者も多いが、それは女性に限ったことではない。男性の性犯罪被害は「男なのに情けない」といった自責の念に駆られやすく、女性以上に潜在化しやすい側面があるといわれる。平成29年の刑法改正で被害者の性別を問わない強制性交罪が条文に盛り込まれて5年。男性被害者への支援は立ち遅れているのが実情だ。

「キスしたね」

「息子が見知らぬ男に無理やりキスをされた」
事件は母親から大阪府警への申告で発覚した。今年3月29日夜、大阪府茨木市の路上。10代の小学生男児が交流サイト(SNS)のゲームアプリを通じて知り合った男に呼び出され、口にキスをされるなどの被害を受けた。
男は1カ月ほど前から、ゲームを話題に上げながら男児の年齢や遊べる時間を聞き出し、「下ネタに興味はある?」と性的なメッセージを送信。事件後には「キスしたね」とのメッセージまで送っていた。
男児は被害を打ち明けなかったが、異変を感じた母親が男とのやり取りに使っていたタブレット端末を確認して発覚。端末は男児の家族が共有で使っていたものだった。府警はメッセージの履歴や現場周辺の防犯カメラ映像などから、大阪市東淀川区豊新の無職、為末賢容疑者(24)を逮捕。「好みだった」と容疑を認め、後に強制わいせつ罪で起訴された。
為末容疑者はその後、1月下旬に府内の集合住宅敷地内で小学生の男児(7)にわいせつな行為をしながら動画を撮影したとして強制性交容疑などで再逮捕された。「男の子は外出先で偶然見かけ、尾行して家が分かった」と供述。何度も待ち伏せし下校途中に声をかけていたという。
2つの事件に共通するのは、男児自身が被害を打ち明けられなかったこと。捜査関係者は「同性で低年齢のため、通報や相談をされにくいと考えたのだろう。口止めはしていないが悪質だ」と憤る。

勇気の芽を摘む偏見

男性の性被害の実態は、判然としていない。内閣府は1月、16~24歳の若年層を対象とした性暴力の実態調査を実施。女性も含む6224人のうち、男性は「性交を伴う性暴力」で39人、「身体接触を伴う性暴力」で95人が被害に遭ったと回答した。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20220626-ZNSQYXCLVVPMTO6OO7LBAUJN3A/

女性のエコバッグをひったくろうとした疑い 16歳少年2人逮捕「おやじ狩りを30件くらいやった」余罪追及 国内(26日)TBS

 ことし3月、札幌市東区で女性が持っていたエコバッグをひったくろうとした疑いで、警察は、16歳の少年2人を逮捕しました。
 窃盗未遂の疑いで逮捕されたのは、札幌市白石区に住むいずれも16歳のとび職の少年と型枠解体工の少年です。
 少年2人は3月5日の午後10時前、札幌市東区の路上で68歳の女性が持っていたエコバックをひったくろうとした窃盗未遂の疑いがもたれています。
 警察によりますと、女性が抵抗したため少年2人は何も取らずにその場から逃走し、女性はその日のうちに警察に通報しました。
 少年2人はいずれも容疑を認めているということで、とび職の少年は警察の調べに対し「おやじ狩りを30件くらいやった、ひったくりもやった、バイクも10台くらい盗んだ」と話しているということです。
 とび職の少年は今月23日、他人の住宅の敷地内にあったバイク1台を盗んだ疑いで逮捕されていて、取り調べの中で東区でのひったくり未遂と型枠解体工の少年の関与について供述したため、今回の逮捕につながったということです。
 警察は少年2人の余罪についてさらに調べています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/79483?display=1

認知症やその疑いでの行方不明者 過去最多1万7600人(26日)NHK

認知症やその疑いがあり行方不明になった人は去年、全国で延べおよそ1万7600人とこれまでで最も多くなったことが警察庁のまとめで分かりました。

警察庁によりますと、認知症やその疑いがあり、はいかいなどで行方不明になったとして去年、届け出があったのは延べ1万7636人で、統計を取り始めた2012年以降で最も多くなりました。
都道府県別に多い順に、
▽大阪が1895人▽埼玉が1875人▽兵庫が1804人▽神奈川が1604人▽愛知が1542人などとなっています。
年齢別では、
▽80歳以上が9893人▽70代が6706人▽60代が913人▽50代が114人などとなっています。届け出があった人のほとんどは去年のうちに所在が確認されるなどしましたが、236人は行方が分からないままでした。
また、過去に届け出があり去年、死亡が確認された人は450人に上っていて、はいかいしていて交通事故に遭ったり山の中で見つかったりしたケースもあるということです。
警察は自治体と連携し防災無線などを活用しながら早期発見と保護に向けた取り組みを進めていて、警察庁は「時間がたつほど発見が難しくなるため、行方が分からなくなったら早めに相談してほしい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013688621000.html

銃撃事件相次ぐアメリカ 本格的銃規制法が28年ぶりに成立(26日)NHK

アメリカで銃撃事件が相次ぐ中、バイデン大統領が21歳未満の銃の購入者に対する審査の厳格化などを盛り込んだ銃規制強化の法案に署名し、法律が成立しました。本格的な銃規制の法律が成立したのは28年ぶりです。
アメリカのバイデン大統領は25日、議会の上下両院で可決された銃規制を強化する法案に署名し法律が成立しました。
法律には銃の購入者が21歳未満の場合は犯罪履歴やメンタルヘルス面などの審査を厳格化することや、著しく危険とみなされた人物から銃を没収できるように州政府を財政面で支援することなどが含まれています。
バイデン大統領は署名にあたって「きょうは記念すべき日だ。この法律で命が救われることになる」と述べ、意義を強調しました。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013688651000.html

全日空機 大きく揺れ 客室乗務員が骨折 運輸安全委が調査へ(26日)NHK

25日午後、熊本空港から大阪空港に向かっていた全日空機が大きく揺れて、客室乗務員が腰を床に打ちつけ、骨を折る大けがをしました。全日空によりますと気流の乱れが揺れの原因とみられ、運輸安全委員会が詳しい原因を調査することにしています。
国土交通省によりますと25日午後1時半ごろ、熊本空港を出発し大阪空港に向かっていた全日空1626便、ボンバルディアDHC8型機が高度およそ5200メートルの徳島県上空を飛行中、突然、機体が大きく揺れました。
旅客機には乗客70人と乗員4人が乗っていて、機体後方の調理室で作業中だった客室乗務員1人が腰を床に打ちつけ、腰の骨を折る大けがをしました。
全日空によりますとパイロットによる状況の説明や機体に不具合が見つかっていないことから、気流の乱れによって機体が揺れたとみられますが、当時、シートベルトの着用サインは点灯していなかったということです。
運輸安全委員会は航空事故として詳しい原因を調査することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220625/k10013688791000.html

事件遺族「時間が必要」 被告の変化に期待―富山交番襲撃4年(26日)時事

2018年に富山市の奥田交番で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で小学校の警備員が射殺された事件は、26日で発生から4年。「時間が必要だと思う」。亡くなった警備員中村信一さん=当時(68)=の妻は、事件について語ろうとしない被告の今後の変化に期待する。
 強盗殺人罪などの罪に問われた元自衛官島津慧大被告(25)の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部は今年3月、当初から拳銃を奪うことを意図していたとして警察官への強盗殺人罪の成立を認め、殺人と窃盗の罪にとどまるとした一審判決を破棄、審理を地裁に差し戻した。被告の弁護側は判決を不服として上告している。
 島津被告は精神鑑定で「自閉症スペクトラム障害(ASD)」と診断され、一審判決はその影響が一定程度あったと認定した。一審で黙秘を貫いた被告は、出頭義務のない控訴審に現れなかったが、差し戻し審が開かれれば再び出廷することになる。
 中村さんの妻は、現在の被告の精神状態を推し量り、事件と向き合うことは「まだ無理だと思う」と話す。それでも、「名前だけでもいい。とにかく自分の言葉で答えてくれたら」と望んでいる。
 被告のASDは支援を受ければ改善する余地があると公判で指摘されており、「少しでも早く人の気持ちを理解できるようになり、私たちの悔しさ、悲しさを分かってほしい」と願う。
 「たとえ10年後、20年後だろうと、いつか私たちの気持ちに応えてくれると信じている」。最近になって「より近くなった」という信一さんの存在を感じながら、変化を待ちわびている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062500411&g=soc

「見かけたら通報を」 高速道での落下物、10年で6割減 珍しいトラブルも(26日)共同

群馬県内の高速道で2021年に県警が把握した落下物は3651件で、10年前の8912件と比べて6割減ったことが県警のまとめで分かった。今年1~3月は809件にとどまり、21年を下回るペース。落下物に起因する事故も17年の159件から21年は102件に減った。県警は取り締まりの成果とみるが、高速道での事故は命の危険に直結するため、落下物を見かけたらすぐに通報するよう呼びかけている。
 高速隊によると、10年間を通じておおむね減少してきた。落下物の種類を直近5年間の合計で比較すると、最も多いのは収納ケースなどのプラスチック類で3488件あった。次いで布団など布類が2598件、タイヤなど自動車製品類が2268件と続いた。
 トラックなどの荷台に屋根がなく、ロープやシートによる固定が不十分な例が多いという。
 4月には北関東道西行きの波志江スマートインターチェンジ―駒形インターチェンジ間で、キャリアカーに積載していた乗用車が落下する珍しいトラブルもあった。大きな事故にはならず、車線を規制して回収した。
 落下物があると衝突や乗り上げ、回避時の急操作によって事故が起きる可能性がある。同隊は、高速道は単調で漫然と運転しがちだとして「車間距離を十分取り、落下物があっても対応できるよう注意してほしい」と呼びかけている。
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/135110

居酒屋で飲んで軽トラ運転…見切り発車で職質 容疑の72歳男を逮捕 取り消し処分で無免許だった/熊谷署(26日)共同

埼玉県警熊谷署は25日、道交法違反(酒酔い運転)容疑で、熊谷市上中条、無職の男(72)を現行犯逮捕し、酒酔い運転と無免許運転容疑で、さいたま地検熊谷支部に送検したと発表した。
 逮捕容疑は、23日午後9時15分ごろ、熊谷市柿沼の県道で、無免許かつ酒に酔った状態で軽トラックを運転した疑い。
 同署によると、男は信号待ちで信号が赤から青に変わる直前に見切り発車をしたため、警察官が職務質問した。男の呼気からは1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコール分が検出された。男は過去に自動車免許を取得していたが、取り消し処分を受けていた。男は「居酒屋で飲んだ」と容疑を認めているという。
https://nordot.app/913566868940881920?c=39546741839462401

雷や突風、激しい雨に注意 大気不安定、日中気温上昇(26日)共同

北日本から西日本は大気の状態が非常に不安定となる恐れがあるとして、気象庁は26日、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼びかけた。
 気象庁によると、日本付近は太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気のほか、上空約5500メートル付近に氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいる。日中は気温が上昇し、大気の状態が非常に不安定となる見込み。
 北日本は27日にかけて、西日本から東日本は26日、激しい突風や局地的な激しい雨に注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は建物内に移動するなど安全確保を求めている。
https://nordot.app/913565786980581376?c=39546741839462401

« 2022年6月25日 (土) | トップページ | 2022年6月27日 (月) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ