カテゴリー

« 2022年6月22日 (水) | トップページ | 2022年6月24日 (金) »

2022年6月23日 (木)

2022年6月23日 (木)

市議が準強制性交容疑で書類送検事件 大津地検が不起訴に(23日)産経

昨年7月、抵抗できない状態の同僚女性市議に無理やり性行為をしたとして滋賀県高島市の万木豊市議(58)が準強制性交容疑で書類送検された事件で、大津地検が嫌疑不十分で不起訴の結論を出したことが23日、関係者への取材でわかった。
被害に遭ったと名乗り出ていた万木市議の同僚の中川あゆこ市議(42)は、「追加捜査もなく残念な結果となった」と話し、検察審査会に審査を申し立てるとしている。
https://www.sankei.com/article/20220623-6OSDDC435FJD7EWO2P76LIBERQ/

家出の少女に「働かないなら下関に捨てる」 性風俗店勤務強要の疑い(23日)朝日

家出中の15~18歳の少女3人をアパートに住まわせ、性風俗店で働くように強要したなどとして、福岡県警は建設作業員、松嶋秀昌容疑者(24)=北九州小倉北区大手町=を営利略取と監禁、職業安定法違反の疑いで逮捕し、23日発表した。「脅していない」などと容疑を一部否認する供述をしているという。
 少年課によると、松嶋容疑者は15人ほどの「半グレ」グループのリーダー格。小倉北区の繁華街で家出中の少女に住まいや食事の面倒をみると持ちかけ、自分たちで用意したアパートに連れて行き、その後脅して、性風俗店で働くよう強要していたという。同課は、ほかにも同様の被害に遭った少女が複数いるとみている。
 松嶋容疑者はグループの男女5人と共謀して昨年6~11月、福岡県内の18歳の少女2人を従業員として性風俗店にあっせんし、うちひとりには金属バットで脅して働くことを強要。このほか、勤務を拒否した15歳の少女を取り囲んで連れ去り、小倉南区のアパートの一室に監禁した疑いがある。グループは同区にあるアパートの3室を拠点にし、被害者3人を住まわせて1カ月ほど過ぎると、それぞれ性風俗店で働くように脅していたという。
 3人のうち、15歳の少女はアパートから逃げ出したが松嶋容疑者に取り上げられた携帯電話の返却を頼んだところ公園に呼び出され、連れ戻された。もうひとりは拒否した際に、「調子に乗るなよ。働かないなら半殺しにして下関に捨てる」と金属バットを持った松嶋容疑者に脅され、性風俗店で勤務していた。松嶋容疑者は、少女らが性風俗店で得た10万~35万円の給料のうち、半分から全額を徴収していたという。
 また、グループのメンバーらも建設現場で働いた収入を同容疑者に手渡しており、逃げようとして暴行されることもあったという。グループは北九州市内でアパートを借りては家賃を踏み倒し、拠点を頻繁に変えていたという。(板倉大地)
https://www.asahi.com/articles/ASQ6R73BTQ6RTIPE01R.html

カミソリで知人の首を切り付け殺そうとした疑い 鹿児島市の40代女を逮捕(23日)TBS

鹿児島市で先月、知人の50代男性の首をカミソリで切りつけ殺害しようとしたとして、40代の女が逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、鹿児島市宇宿の無職・前田裕美容疑者46歳です。
前田容疑者は、今月17日午前6時ごろ鹿児島市内の50代の知人男性の自宅で、男性の首を近くにあったカミソリで切りつけて殺害しようとした疑いが持たれています。
男性は軽傷で、命に別状はないということです。
男性が今月21日に被害届を出し、警察はきょう前田容疑者を逮捕しました。
前田容疑者は「首を切ったのは間違いないが殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。
警察は、動機などを調べています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/78073?display=1

【国内感染】新型コロナ 15人死亡 1万6676人感染 (23日18:00)(23日)NHK

23日は、午後6時までに全国で1万6676人の感染が発表されています。
また、大阪府で3人、北海道で2人、神奈川県で2人、福島県で2人、京都府で1人、千葉県で1人、東京都で1人、福岡県で1人、長野県で1人、青森県で1人の合わせて15人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め921万39人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて921万751人となっています。
亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1093人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1106人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は23日の新たな感染者数です。

▽東京都は158万1122人(2413)▽大阪府は100万2921人(1248)▽神奈川県は77万2724人(808)▽埼玉県は56万4474人(770)
▽愛知県は56万3685人(914)▽千葉県は46万3人(572)▽福岡県は44万2641人(752)▽兵庫県は43万9345人(744)
▽北海道は37万7856人(753)▽沖縄県は24万3834人(1542)▽京都府は21万147人(312)▽静岡県は17万7354人(305)
▽広島県は16万6663人(339)▽茨城県は16万3638人(268)
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013685821000.html

わいせつ疑い 名古屋“ドン横の王”「“トー横”作れば注目」(23日)NHK

中高生など若者が集まる名古屋市中心部の通称「ドン横」で、「ドン横の王」を名乗り、知り合った少女にわいせつな行為をしたとして逮捕された20歳の容疑者が、警察の調べに対し「東京 歌舞伎町の『トー横』のような若い子が集まる場所を作れば爆発的に注目されると思った。問題を抱えた子が集まってきたが、どうなろうが関係ないと思っていた」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。
住居不定の自称・自営業、尾島壮太郎容疑者(20)ら2人は、今月3日、名古屋市のビジネスホテルで16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、愛知県の青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕され22日、東京で別の少女にも同様の行為をしたとして追送検されました。
尾島容疑者は、名古屋市中心部の通称“ドン横”と呼ばれる場所に集まる中高生など若者の間でよく知られ、SNS上で「ドン横の王」を名乗って交友関係を広げていたということです。
その後の調べに対し、尾島容疑者が「東京 歌舞伎町の『トー横』のような若い子が集まる場所を作れば爆発的に注目されると思った。名古屋に目をつけSNS上で“ドン横の王”と名乗ると、問題を抱えた若い子たちが集まってきた。その子たちがどうなろうが関係ないと思っていた」などと供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。
東京 歌舞伎町の「トー横」や、名古屋市の「ドン横」では、集まった子どもたちが事件に巻き込まれるケースが相次いでいて警察は取締りや警戒を強めています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013686051000.html

行楽中の水の事故 全国で相次ぐ 本格的な夏に向け注意を(23日)NHK

今月に入って全国で行楽中の水の事故が相次いでいます。
本格的な夏に向け水辺に行く人が増えることが予想されるなか、実際に事故にあった場合どのように対応すればよいか、水難事故に詳しい専門家に聞きました。
首都圏でも、今月に入って水難事故が相次いでいます。
今月1日、千葉県船橋市の海岸で潮干狩りに来ていたとみられる女性2人が溺れ、その後、死亡しました。
今月19日には、東京 日野市の多摩川で遊んでいた子ども2人が溺れて死亡しました。
また、同じ日に神奈川県相模原市では、相模川の河原でバーベキューをしていた30代の男性が川で溺れ、その後、死亡しました。
水難学会の理事を務める東京海洋大学の田村祐司准教授は、海や川など、水辺に近づく際には、ライフジャケットを着用するよう呼びかけています。 そのうえで、岸から離れた場所に落ちたり、溺れたりした場合には、足を抱えて体を縮める「ヘルプ姿勢」で救助を待つことが大切だとしています。
顔が水面よりも上で保てるほか、体温が下がるのを防ぐ効果もあるということです。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013685501000.html

神戸市立高教員を書類送検 児童買春疑い―大阪府警(23日)時事

10代の少女にみだらな行為をしたとして、大阪府警箕面署は23日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、神戸市立高校の男性教員(36)=同市中央区=を書類送検した。「覚えていない」と容疑を否認しているという。

わいせつ処分教員200人 前年度比減も、依然多く

 送検容疑は昨年11月30日、大阪府内にある商業施設の駐車場に止めた車の中で、18歳未満と知りながら、少女に現金を渡す約束をしてみだらな行為をした疑い。
 同署によると、同年12月に少女から相談があり発覚した。2人はインターネット交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられる。
 神戸市教育委員会の話 事実関係を確認の上、厳正に対処する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062301017&g=soc

高校受験希望する子の母から260万円だまし取る 自称塾講師を詐欺容疑で逮捕(23日)共同

岐阜県警多治見署は23日、塾講師を自称し、高校受験を希望する子どもの母親から約260万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで住所不定の無職の男(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年2月~同5月ごろ、高校進学を希望する子を育てる多治見市の女性会社員(55)に対し、公的な貸付事業に申請すると受験費用などは全額返金されるといったうそをつき、14回にわたって現金計259万5千円をだまし取った疑い。
 署によると、容疑者は子どもの勉強の面倒を見ていたという。昨年9月に女性から署に相談があり、被害が発覚した。署は認否を明らかにしていない。容疑者は別の詐欺事件で起訴されている。
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/94219

奈良・御所市役所を捜索 大阪地検、火葬場建設巡り(23日)共同

奈良県御所市の火葬場建設工事の入札を巡り、不正があった疑いがあるとして、大阪地検特捜部が公競売入札妨害容疑で、市役所など複数の関係先を家宅捜索したことが23日、関係者への取材で分かった。押収した資料を分析し、経緯を詳しく調べるとみられる。
 入札は2020年、事業者に技術提案などを求める公募型プロポーザル方式で行われた。2グループが参加表明したが、一方が辞退。市内の建設会社と京都の設計会社を含む3社のグループが選ばれ、既に工事が始まっている。
https://nordot.app/912665668745527296?c=39546741839462401

弁護士ら持続化給付金詐取の疑い 広島県警、2人逮捕(23日)共同

 広島県警は23日、新型コロナ対策の持続化給付金など約600万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同県東広島市の弁護士加島康介容疑者(47)と、広島市の会社役員熊本俊二容疑者(56)を逮捕した。捜査2課によると、給付金詐欺容疑で弁護士が逮捕されるのは全国初。
 2人の逮捕容疑は、共謀して2020年10月26日~12月3日、広島県内でホテルを経営するために加島容疑者が設立した会社が、コロナ禍の影響で事業収入が減少したと虚偽の申請をし、20年11月5日に持続化給付金200万円を、12月8日に家賃支援給付金約392万円を、加島容疑者の会社の口座に入金させた疑い。
https://nordot.app/912672026844430336?c=39546741839462401

😢警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位レベル)
粗暴犯が増加
【治安うんちく】
2_20220623210201 Img_20220525_145206  暴行、傷害が多すぎる。以下は5月の報道の一部
★交際女性暴行後に沖縄へ逃亡、男逮捕 警視庁(30日)産経 2022.05.30
★傷害容疑で山梨の町議逮捕 通行人押した疑い(27日)産経 2022.05.27
★傷害致死容疑で再逮捕へ 病院置き去りの男性死亡―警視庁(26日)時事 2022.05.26
★ミナミで通行人に「なに見とんねん」と因縁 傷害容疑で半グレ3人を逮捕(25日)産経 2022.05.25
★塩尻市の児童、傷害容疑事件 男を逮捕(23日)共同 2022.05.23
★客に暴行し重傷負わせる 自称ガールズバー従業員の男逮捕 警視庁(23日)産経 2022.05.23
★介抱した男性に「触るな」 傷害容疑で横須賀の男2人逮捕(14日)共同 2022.05.14
★地方公務員の男逮捕 女性の顔面殴った疑い(5日)産経 2022.05.05
★鹿児島県姶良市 元近隣住民突き飛ばし重体に 傷害容疑で74歳男逮捕(5日)TBS 2022.05.05
★殴った疑いで37歳の男逮捕(5日)TBS 2022.05.05
★立民の福山哲郎参院議員、朝の街頭活動中に男に殴られる…秘書2人も被害(3日)読売 2022.05.03
  … … … … …
 警察庁によると令和4年5月現在の暴行、傷害などの粗暴犯の認知件数は2万0286件で、前年同期より319件の増加。ところが検挙人員は1万7513人で654人の減少となっている。うち少年は60人減って1038人。
 最も認知件数が多かったのは暴行で1万0943件。前年より166件の増加。この増加数を上回ったのが傷害で282件も増えて7407件となっている。
 これに対して脅迫は50件減の1473件、恐喝は85件減の456件となっている。
 一方、検挙率は82.1㌫で、前年同期より4.1ポイントのダウンだった。
 コロナ禍も3年目とあってストレスでも溜まっているのか…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

訪問中に詐欺電話、ケアマネジャー居合わせ被害防ぐ 葉山(24日)共同
https://www.kanaloco.jp/news/social/article-919244.html

弁護士ら持続化給付金詐取の疑い 広島県警、2人逮捕(23日)共同
https://nordot.app/912672026844430336?c=39546741839462401

給付金詐欺事件 FP資格を示して信用させていた疑い(23日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684301000.html

34歳男が規模拡大けん引か ★ 受け付け初日から虚偽申請―給付金詐欺・警視庁(23日)時事
「偽札か調べる」警察官かたり8200万円 詐取容疑で6人逮捕(22日)産経
持続化給付金詐取の疑いで逮捕 インドネシアから移送の男(22日)共同
給付金詐欺事件 インドネシアから容疑者移送し逮捕へ 警視庁(22日)NHK
「申請役」の女を再逮捕 給付金詐取容疑 国税職員関与のグループ一員(21日)朝日
コロナ給付金、約7千件が未返還 国の被害回復進まず(20日)朝日
アクセスチャージ悪用 約1億円だまし取ったか 新たに共犯者を逮捕(17日)TBS
医療費などの「還付金詐欺」再増加で注意呼びかけ 警視庁(15日)NHK
持続化給付金詐欺 帰国の容疑者「グループで面識 3人だけ」(15日)NHK

 

東京都 新型コロナ 2413人感染確認 6日連続前週上回る(23日)NHK

東京都は、23日、都内で新たに2413人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の木曜日よりおよそ600人増えました。前の週の同じ曜日を上回るのは6日連続です。
一方、人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、22日はいませんでしたが、23日は1人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013685121000.html

路上で女性の体を触る 容疑で会社役員の男逮捕(23日)産経

路上で女性の体を触ったとして、警視庁成城署は強制わいせつの疑いで、東京都杉並区高井戸西、会社役員、内山平祐(へいすけ)容疑者(31)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めている。
逮捕容疑は、5月25日午後10時ごろ、世田谷区の京王線八幡山駅近くの歩道橋で、帰宅中の50代の女性パート従業員に後ろから抱きついて口をふさぎ、体を触ったとしている。
成城署によると、現場周辺では昨年末から同様の被害が数件確認されている。内山容疑者は余罪をほのめかしており、関連を調べる。
https://www.sankei.com/article/20220623-JT5ANO7IOZJRFBZY34CSVAN7XE/

不正な口座開設容疑で自衛官逮捕 開設後、特殊詐欺被害の振込先に(23日)朝日

 還付金詐欺事件の振込先として使われた銀行口座を不正に開設したとして、警視庁は、陸上自衛隊北千歳駐屯地(北海道千歳市)に所属する2等陸曹の男(42)=千歳市=を詐欺容疑で逮捕し、23日発表した。同庁は認否を明らかにしていない。
 牛込署によると、男は今年4月8日、第三者に利用させる目的で北海道内の銀行で口座を開設し、キャッシュカードを受け取った疑いがある。この口座は5日後、東京都新宿区の60代女性が「還付金がある」とうそをつかれて現金50万円をだまし取られる詐欺事件の現金振込先として使われた。
 女性から相談を受けた牛込署が口座情報を調べたところ、男の名義だったことがわかったという。口座から現金を引き出した人物は男とは別人だったといい、署は、男が詐欺グループ側にキャッシュカードを渡したとみている。(岩田恵美)
https://www.asahi.com/articles/ASQ6R4SY8Q6RUTIL01K.html

 

殺害した女性教諭のスマホ、財布などを焼いて捨てる…再逮捕された帯広農業の教諭、自分の通話やLINEの履歴も削除(23日)TBS

北海道帯広市で、元同僚の女性教諭を殺害したとして、22日に再逮捕された帯広農業高校の教諭が犯行後、女性教諭のスマートフォンや財布などの所持品を焼き、捨てていたことが新たにわかりました。
 帯広農業高校の教諭、片桐朱璃(しゅり)容疑者35歳は5月30日午前4時半ごろ、帯広市の商業施設の駐車場にとめた車の中で、北見市の高校教諭、宮田麻子(あさこ)さん47歳の首をシートベルトで絞め、殺害した疑いで、23日午後、検察庁に身柄を送られました。
捜査関係者によりますと、片桐容疑者は犯行後、宮田さんのスマートフォンや財布などの所持品を焼き、捨てていたことが新たにわかりました。 さらに、自分のスマートフォンの通話履歴や、LINE(ライン)でのやりとりの履歴も削除していました。
 警察は、片桐容疑者が証拠隠滅をはかったとみて、引き続き調べをすすめています。 片桐容疑者と宮田さんは、3月までオホーツク地方の高校の同僚でした。 片桐容疑者と宮田さんは、3月までオホーツク地方の高校の同僚でした。
 事件は5月30日、宮田さんの夫から「きのう(29日)午後に妻が外出してから戻らない」という相談で発覚し、夫の話から片桐容疑者が浮上。 警察が5月31日、片桐容疑者に事情を聴くと、当初は関与を否定したものの、6月1日になって宮田さんの死体遺棄を認め、供述通り、帯広市南町の雑木林の地中から宮田さんの遺体が見つかっていました。
 宮田さんの死因は、首を圧迫されたことによる窒息死でした。 これまでの調べに対して片桐容疑者は「別れ話でもめた。宮田さんとの関係に疲れ、首にシートベルトを巻き、絞めて殺した」などと話し、殺人の容疑について認めているということです。
 また、殺害現場は宮田さんの車の中で、犯行後、片桐容疑者は宮田さんの遺体を自分の車に移して出勤。
 スコップを用意し、仕事を終えた後、遺体を埋めたとみられています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/77503?display=1

御嶽山 火口周辺警報を解除 噴火警戒レベルを「1」に引き下げ(23日)NHK

長野と岐阜の県境にある御嶽山について、気象庁は、火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったとして、23日、4か月ぶりに火口周辺警報を解除し、噴火警戒レベルを「2」から「1」に引き下げました。気象庁は、引き続き登山の際はヘルメットを持参するなどの安全対策をとるよう呼びかけています。
平成26年の噴火で死者・行方不明者63人を出す、戦後最悪の火山災害が起きた御嶽山では、ことし2月23日、火山性地震が増加するなど火山活動が高まり、気象庁は、火口周辺警報を発表するとともに、噴火警戒レベルを「1」から、火口周辺への立ち入り規制を示す「2」に引き上げました。
その後、火山性地震の回数はしだいに減り、地下の熱水やマグマの動きを示すとされる火山性微動は、ことし3月19日以降、観測されなくなりました。こうしたことから気象庁は、火口からおおむね1キロの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったと考えられるとして、23日午後2時、火口周辺警報を解除し、噴火警戒レベルを「活火山であることに留意」を示す「1」に引き下げました。
気象庁は、引き続き火口内では火山灰などの噴出が突発的に発生するおそれもあるとして、地元自治体の立ち入り規制などに従い、登山の際はヘルメットを持参するなどの安全対策をとるよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013685111000.html

天皇ご一家が黙とう 沖縄慰霊の日(23日)時事

宮内庁は23日、沖縄慰霊の日に合わせて天皇、皇后両陛下と長女愛子さまが皇居・御所で、上皇ご夫妻はお住まいの仙洞御所(東京都港区)でそれぞれ黙とうされたと発表した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062300646&g=soc

田上・菓子店強盗、公判中の男を再逮捕(23日)共同

 2015年11月に新潟県田上町の菓子店の店員が刃物のような凶器で脅され、現金が奪われた事件で、三条署、県警捜査1課などの合同捜査班は22日、強盗の疑いで、新潟市南区の無職の男(67)=強盗罪などで公判中=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、15年11月、田上町の菓子店で女性店員を脅迫し、現金7万円を奪った疑い。菓子店は17年2月にも現金13万円を奪われており、県警は今年4月に強盗の疑いで男を逮捕してい…
残り141文字(全文:350文字)
https://www.niigata-nippo.co.jp/articles/-/77729

女性刺した男が拳銃自殺か 大阪・豊中の住宅街(23日)共同

23日午後1時ごろ、大阪府豊中市柴原町3丁目で、男が女性を刺した後、自分の頭を拳銃で撃ったと通行人から119番があった。府警などによると現場から男女2人が搬送され、発砲したとみられる男の死亡が確認された。女性は腹部を刺され、重傷とみられる。
 消防によると2人はいずれも70代ぐらい。府警は男が女性を刃物で襲った後、拳銃自殺を図ったとみて殺人未遂容疑で捜査。詳しい状況や2人の関係性を確認している。
 府警によると、同日午後0時55分ごろに「男が刃物を持ってかなり暴れている」との110番があった。女性は複数回刺されていたとの目撃情報もある。https://nordot.app/912578725020090368?c=39546741839462401

放火し入居者殺害計画か 老人ホーム職員殺害容疑で自殺男を書類送検(23日)朝日

大阪市平野区の老人ホームで昨年11月、1人で当直勤務中だった女性職員(68)を殺害したとして、大阪府警は23日、入居者で直後に自殺した石川誠治容疑者(72)を容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検し、発表した。捜査関係者によると、容疑者のノートには職員を殺害後、ホームに放火して他の入居者を殺害し、自殺する計画が書かれていたという。
 平野署によると、送検容疑は昨年11月16日午後10時半ごろ、大阪市平野区長吉川辺3丁目の住宅型有料老人ホーム1階の事務室で、職員の榊(さかき)真希子さんを金槌(かなづち)で複数回殴って殺害したというもの。
 翌17日朝、榊さんは事務室で死亡しているのが見つかった。石川容疑者はホーム敷地内で遺体で発見され、府警は7階の自室から飛び降りたとみている。

ノートに「火を付けて、煙だらけにする」

 署によると、容疑者の部屋から血の付いた金槌やライター6本、ノートが見つかった。ノートには榊さんを殺害後、ホームに火を付けて他の入居者も殺し、自殺する計画が記されていた。施設や職員への不満のほか、「ライターは各1階に一つずつ使う」「厨房(ちゅうぼう)は早くこじ開けて、油見つけて、火を付けて、煙だらけにする」「オレも701(自室)から飛び降りるか」などと書かれていたという。
 ホームの防犯カメラには、1…
この記事は有料会員記事です。残り239文字
https://www.asahi.com/articles/ASQ6R3J61Q6QPTIL019.html

認知症不明者1.7万人超、21年も最多更新 警察庁(23日)日経

認知症やその疑いがあり、行方不明として2021年に全国の警察に届け出があったのは、前年に比べ71人増の延べ1万7636人だったことが23日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた12年以降、年々増えており、過去最多を更新。9年間で1.84倍になった。このうち236人は21年のうちに所在を確認できなかった。
警察庁は、認知症の行方不明者は事件や事故に遭う可能性が高いとして、早期発見・保護のため自治体など関係機関と連携するよう都道府県警に求めている。
警察庁によると、都道府県別は大阪の1895人が最多。埼玉が1875人、兵庫が1804人と続いた。
21年に所在が確認されたのは、20年以前の届け出を含め1万6977人。確認までの期間は、73.9%が届け出の受理当日で、99.4%が1週間以内に見つかった。「2年以上」が4人いた。また、450人は事故などで亡くなっていた。
一方、認知症以外も含めた行方不明者の総数は7万9218人(男性63.5%、女性36.5%)。過去最少だった20年より2196人増えたものの、統計が残る1956年以降で2番目に少なかった。
年代別は20代が最多の1万5714人、次いで10代が1万3577人。10~30代の若年層は20年より計2664人増えた。80歳以上は303人増の1万2706人だった。原因・動機は認知症を含む「疾病関係」が29.4%と最も多く、「家庭関係」が15.7%、「事業・職業関係」が11.1%だった。厚生労働省によると、12年に462万人だった認知症の高齢者は、25年に約700万人に達すると推計されている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF230H90T20C22A6000000/

今月に入ってからネットカフェ転々と寝泊り 埼玉・川越立てこもり(23日)TBS

21日、埼玉県川越市のインターネットカフェで、男が女性店員を人質にとって立てこもった事件で、男は6月に入ってからインターネットカフェを転々としていたことが分かりました。
この事件は、住所・職業不詳の長久保浩二容疑者(42)が21日、川越市のインターネットカフェで、カッターナイフを持って女性店員(22)を人質に、およそ5時間半立てこもり、逮捕・監禁の疑いで逮捕されたものです。
その後の関係者への取材で、長久保容疑者が6月に入ってから、埼玉県周辺のインターネットカフェなどを転々としながら寝泊まりしていたことが分かりました。
また、長久保容疑者は事件当日の午前に川越市の店に入店していたということですが、所持金は小銭程度で店の料金を支払えるほどではなかったということです。
警察は、長久保容疑者が入店前に犯行を決意していた可能性もあるとみて調べを進めています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/77370?display=1

給付金詐欺事件 FP資格を示して信用させていた疑い(23日)NHK

国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして、インドネシアから日本に移送された47歳の容疑者が逮捕された事件で、容疑者がうその申請の名義人を勧誘する際、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていることを相手に示して信用させていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かりました。
住所・職業不詳の谷口光弘容疑者(47)はおととし、新型コロナウイルスの影響で事業収入が大幅に減ったといううその申請をして、国の持続化給付金をだまし取ったとして、全国に指名手配されていましたが、22日滞在先のインドネシアから日本に移送され、詐欺の疑いで逮捕されました。
容疑者は一家を含む十数人のグループの指示役とみられていますが、うその申請の名義人を勧誘するセミナーなどでは、みずから説明を行っていたということです。
その際、資産運用などの相談に応じるファイナンシャルプランナーの資格を持っていることを相手に示して信用させていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かりました。
容疑者に勧誘されて名義人になったという男性はNHKの取材に対し「資格を証明するIDのようなものを首にかけていて、『何人も申請を出している』などと説明していた。専門家ということで信用してしまった」と話しています。
容疑者は実際に資格を取得していましたが、相手によっては税理士を装うこともあったということで、警視庁はグループがこうした手口で名義人を集め、これまでにおよそ10億円を不正に受給したとみて調べています。
容疑者の認否については明らかにしていません。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684301000.html

知床 観光船沈没事故から2か月 警察が行方不明者の集中捜索(23日)NHK

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故から2か月となる23日、警察は行方がわかっていない12人の手がかりを捜すため現場周辺の海域などで集中的な捜索を行っています。
ことし4月23日に、知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故は、乗客14人が死亡し、今も12人の行方がわかっていません。
警察は21日から集中的な捜索を行っていて、事故の発生から2か月となる23日も、40人体制で現場周辺の海域や海岸で行方不明者の手がかりを捜しています。
このうち、北海道東部の根室半島の沿岸では、午前9時半に警察官およそ20人が集まり、捜索に先立って、観光船が沈没した知床の方角に黙とうをささげました。
このあと、警察官たちはボートに乗り込んで沿岸付近の捜索に向かったほか、陸上では波消しブロックの隙間をのぞき込みながら、漂着物などがないか丹念に探していました。
警察による集中捜索は、23日夕方まで行われる予定です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684821000.html

全市民46万人余の個人情報入ったUSBを紛失 兵庫 尼崎市が発表(23日)NHK

兵庫県尼崎市は、すべての市民46万人余りの個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表しました。住民税の額や生活保護の受給に関する情報などが含まれているということです。
尼崎市によりますと、USBメモリーは、新型コロナの影響で生活に困窮した世帯に支給する給付金に関する給付業務を委託していた業者が、21日、紛失したということです。
USBメモリーには、46万人余りのすべての市民の、氏名や住所、生年月日などのほか、住民税の額、生活保護の受給に関する情報などが含まれていました。
業者が市の許可を得ず、USBメモリーで個人情報を持ち運び、大阪 吹田市にあるコールセンターでのデータ移管作業を行ったということです。
作業の終了後もデータを消去せず、USBメモリーを持ったまま飲食店で酒を飲んだ際に、USBメモリーが入ったかばんを紛失したということです。
業者が22日、警察に届け出るとともに市に報告しました。
市は、USBメモリーにはパスワードがかけられていて、これまでに個人情報の外部への漏えいは確認されていないとしています。
市は謝罪したうえで「セキュリティマネジメントを徹底していくとともに、個人情報保護の重要性について改めて周知を徹底し、職員の危機意識を高めるなど、信頼回復に全力を尽くします」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684811000.html

34歳男が規模拡大けん引か 受け付け初日から虚偽申請―給付金詐欺・警視庁(23日)時事

国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐる詐欺事件で、不正受給グループのリーダー格とされる谷口光弘容疑者(47)とともに逮捕された仲介業太田浩一朗容疑者(34)が、グループ拡大の中心的な役割を果たしたとみられることが23日、警視庁捜査2課への取材で分かった。

国外逃亡のリーダー格ら逮捕 全国で虚偽申請、10億円不正受給か―給付金詐欺解明急ぐ・警視庁

 同課は、谷口容疑者のグループが、太田容疑者が中核メンバーとして加わって以降、急拡大したとみて調べる。
 太田容疑者は2020年5月中旬、受給要件を満たしていないのに自身を名義人として申請し、給付金100万円を詐取したとして詐欺容疑で逮捕された。
 同課によると、太田容疑者は、自身が東京・六本木の飲食店で店長をしていた際、常連客だった谷口容疑者の勧誘に応じ名義人になった。その後、グループの中核を担う30~40代のメンバーの多くを仲間に引き入れ、全国の勧誘役獲得にも関わるなどし、グループを急拡大させたという。https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062300143&g=soc

高級カシミヤ卸会社を告発 消費税4900万円脱税容疑―東京国税局(23日)時事

 高級カシミヤ製品を輸入し、百貨店に卸売りしていた「オノダインターナショナル」(東京都渋谷区)が消費税計約4900万円を脱税したとして、東京国税局査察部が消費税法違反などの容疑で駒井伸俊社長(54)と法人としての同社を東京地検に告発したことが23日、関係者への取材で分かった。駒井社長は元税理士だったが、消費税の申告をしなかったという。

21年度の脱税告発額61億円 新型コロナで調査低迷―国税庁

 関係者によると、同社は百貨店の顧客から注文を受け、イタリアからカーディガンやセーターなどの高級カシミヤ製品を輸入し、百貨店に卸すなどしていた。売上高は2020年8月までの3年間で計約5億9000万円に上っていたが、消費税を納めていなかった。脱税で得た資金は同社の事業資金や駒井社長の生活費に充当していたとされる。
 告発は今年3月。駒井社長は取材に対し、「国税局の指導に従い、申告を行って納税も一部済ませた。心よりおわび申し上げる」と回答した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062300477&g=soc

【速報】東北新幹線で発煙、緊急停止 仙台-白石蔵王間(23日)共同

23日午前10時35分ごろ、新函館北都発東京行き東北新幹線はやぶさ14号が仙台―白石蔵王間を走行中、車両から煙が出ているのを乗員らが見つけたため緊急停車した。
 JR東日本新幹線統括本部によると、煙が出ていたのは10号車付近で、火元や燃えかすは確認されていない。乗客や乗員にけがはなかった。運転に支障がなかったため、約30分後に運転を再開した。
 白石蔵王駅まで走行し、安全確認のため乗客は臨時列車で対応する予定。
https://kahoku.news/articles/20220623khn000021.html

63歳男性刺され死亡、福島 殺人未遂容疑で弟逮捕(23日)共同

23日午前1時半ごろ、福島県郡山市のアパートの一室から「兄を刺した」と110番があった。県警によると、住人の鎌瀬喜好さん(63)が首を刃物で刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は殺人未遂の疑いで、同居する弟の無職重則容疑者(59)を現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替え、捜査している。
 逮捕容疑は23日午前1時10分ごろ、自宅で喜好さんの首に刃渡り約10センチのナイフを突き刺し、殺害しようとした疑い。捜査関係者によると、容疑者は「殺そうと思って刺した」との趣旨の供述をしているという。
 県警によると、重則容疑者は喜好さんと80代の母親と3人暮らし。
https://nordot.app/912522283095343104?c=39546741839462401

「闇バイト」で募り誘拐か 指示役の29歳男ら逮捕(23日)産経

交流サイト(SNS)で違法行為を請け負う「闇バイト」で実行役を募り、男性を車で連れ去るなどしたとして、大阪府警捜査1課などは22日、営利目的略取や逮捕監禁致傷などの疑いで、指示役の職業不詳、伊藤一輝容疑者(29)=大阪府守口市橋波西之町=を逮捕した。大阪府警はほかにも実行役の男4人と少年1人を逮捕。伊藤容疑者は、実行役らに通信アプリ「テレグラム」で指示を出していたという。
捜査関係者によると、実行役の一部は、5月上旬に京都市内の貴金属店で高級腕時計など約50点(約7千万円相当)が奪われた強盗事件に関与した疑いがある。大阪府警は、背景に組織的な犯罪グループが関与して指示を出していたとみて全容の解明を進める。
伊藤容疑者らの逮捕容疑は共謀し5月13日深夜、大阪市北区豊崎の路上で、男性(23)を鉄パイプで殴ったり、催涙スプレーを噴射したりするなど暴行を加え、乗用車に乗せて連れ去ったなどとしている。
被害男性と一緒にいた知人男性(22)は連れ去られる前に逃げ出して110番。警察官が犯行に使われた車両を発見して実行役を逮捕した。
男性らは事件の数日前にSNSを通じて投資セミナーの講師を依頼され、指定された場所に呼び出されたところを襲撃されたという。通信履歴の解析から、呼び出しには伊藤容疑者名義の携帯電話が使われたとみられる。
大阪府警が実行役から事情を聴いたところ、それぞれSNSで闇バイトに応募して集まっていたことが判明。伊藤容疑者とみられる人物とテレグラムでやり取りをしてそれぞれ報酬を約束されていた。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20220623-XOS2I4R3UNNVLODZHJ2ZVZ3IA4/

宮城県警サーバーで不正中継 3万件の国外メール転送(23日)日経

宮城県警は22日、県警のメールサーバーに国外からとみられるメールが不正に送りつけられ、国外に転送されたと発表した。不正に中継されたメールは約3万件に上った。
県警は「警察のメールサーバーが不正中継されたのは初めてとみられる。セキュリティー面の問題の有無や、原因を早急に明らかにする」としている。情報流出やウイルス感染は確認されていないという。
県警によると、20日夜、職員からメールの動作が重いと申告があり調査を開始。不正転送防止機能が大量のメールをブロックしていると判明したものの、防げずに21日午前1時半ごろから午後11時すぎに不正中継が生じた。転送されたメールは英文でプロジェクトへの融資を勧誘する内容で、いずれも同じ文面だった。
インターネット上の住所に当たるドメインの送信元は複数の国からで、県警のサーバーを介し、主に欧州ドメインの複数のアドレスに転送された。添付ファイルはなかった。県警のメールサーバーは内部と外部があり、このうち外部のものが不正に使われた。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE22DIH0S2A620C2000000/

10億円“家族詐欺” 家族以外の初の逮捕者 規模拡大に中心的な役割果たしたか(23日)TBS

新型コロナの持続化給付金およそ10億円をだまし取ったとみられる詐欺グループの主犯格の男に加え、知人の男も警視庁に逮捕されました。主犯格の男の家族以外では初の逮捕者となります。
詐欺グループの主犯格、谷口光弘容疑者(47)は、新型コロナの持続化給付金100万円を国からだまし取った疑いで、きのう(22日)逮捕されました。
この詐欺グループをめぐっては、これまでに元妻の梨恵容疑者(45)ら家族3人が逮捕されていますが、今回、家族以外のメンバーが初めて逮捕されました。
逮捕された太田浩一朗容疑者(34)は数年前、当時店長をしていた東京・六本木の飲食店に客として訪れた谷口容疑者と知り合いました。太田容疑者は「申請役」を勧誘するメンバーを集めるなど、詐欺グループの規模拡大に中心的な役割を果たしたということです。
警視庁は、詐欺グループがおととし5月からの5か月間で1780件ほどの虚偽申請を行い、被害総額はおよそ10億円とみています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/77155?display=1

AV出演被害防止・救済法きょう施行 内容など周知を 文科省(23日)NHK

23日、アダルトビデオへの出演を強要される被害などを防ぐための法律が施行されることから、文部科学省は高校生や大学生などに法律の内容や相談窓口の周知を徹底するよう全国に通知しました。
AV出演被害防止・救済法は、成人年齢の引き下げで新たに成人となった18歳と19歳が出演を強要される被害などに遭うおそれが指摘されたことをきっかけに検討が進められたもので、23日の施行にあわせ文部科学省は全国の教育委員会や大学などに通知しました。
新たな法律では、年齢や性別にかかわらず契約を交わしてから撮影までに必要な期間を1か月とし、撮影の終了から公表までに必要な期間を4か月としているほか、無条件に契約を解除できる期間を公表から1年間とし、法律の施行から2年に限ってはこの期間を2年としています。
制作者側が説明の義務を怠るなど違反があった場合は、期間にかかわらず契約を取り消すことができるとしていて、通知ではこうした内容を高校生や大学生などに周知するよう求めています。
合わせて、過去の被害事例と相談窓口を掲載した啓発ステッカーも各学校に配布される予定です。
AV出演被害に関する相談は、性犯罪・性暴力の被害者のための短縮ダイヤル「#8891」や、「CureTime」という専用サイトなどで受け付けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684291000.html

アフガニスタンで地震1000人以上死亡 家屋倒壊多数で被害拡大(23日)NHK

アフガニスタン東部で発生したマグニチュード5.9の地震では、これまでに1000人以上が死亡しました。現地では多くの家屋が倒壊して閉じ込められている人たちがいるとみられ、被害のさらなる拡大が懸念されています。
日本時間の22日午前6時前、アフガニスタン東部のホスト州を震源とするマグニチュード5.9の地震が発生しました。
ホスト州の隣のパクティカ州の当局者はNHKの取材に対し、これまでに1000人が死亡し、1500人がけがをしたことを明らかにしたほか、ホスト州の当局者も少なくとも30人が死亡、100人以上がけがをしたとしています。
またUNAMA=国連アフガニスタン支援団の担当者は記者会見で「2000棟近くの家屋が倒壊しているとみられる。アフガニスタンの家族は少なくとも7人から8人で、複数の家族が一緒に住んでいることもある」と述べて被害のさらなる拡大に懸念を示しました。
この地域では、ひぼしレンガを積み上げた家屋が多く、地震は現地時間の午前2時前に発生していることから、多くの人が倒壊した家屋の下に閉じ込められているとみられ、救援隊による捜索活動が行われています。
地震の後イスラム主義勢力タリバンの最高指導者アクンザダ師は声明を発表し、国際社会に対し、地震で被害を受けた人たちへの支援を求めました。
アフガニスタンでは2015年にも北部で発生したマグニチュード7.5の地震で、隣国のパキスタンと合わせて300人が死亡しています。
多くの人が犠牲になったパクティカ州で22日撮影された映像では、壁に亀裂が入り、一部が崩れてなくなった住宅やその周りにがれきが散乱している様子が確認できます。
また、救助にきたとみられるヘリコプターが到着すると、住民などが協力してけが人を運び込もうとしている様子もとらえられています。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684321000.html

逃亡先でナマズ養殖 「片言で交渉」「非社交的」―逮捕の谷口容疑者(23日)時事

【ジャカルタ時事】新型コロナウイルス対策の持続化給付金を詐取した疑いで警視庁に22日逮捕された谷口光弘容疑者(47)は、逃亡先のインドネシアでナマズの養殖に乗り出していた。「片言のインドネシア語で交渉し、養殖用の池を借りた」「寡黙で非社交的だった」。時事通信の取材に住民が振り返った。

【写真】成田空港に到着した谷口光弘容疑者

 人口約3400人、広さ約4平方キロメートルのランプン州スリダディ村。隣組長のスワルタムさん(49)によると、魚の養殖が盛んな同村に谷口容疑者が現れたのは5月6日だった。
 150平方メートルほどの池を七つ借り、ナマズの稚魚10万匹を放った。「わずかなインドネシア語に身ぶり手ぶりを交え、交渉していた。即金で支払い、金持ちに見えた」。村にホテルはなく、取引を仲介した村民の家に1泊して去った。
 約1週間後に再訪し、今度は事務所の建設を開始。やはり1泊だけして帰り、「他の住民と接することはなかった」。車で25時間かかる、700キロ離れた都市パダンから自ら運転して来たという。なぜか1時間の距離にある最寄りの国際空港を使わなかった。
 3度目は今月7日。事務所がほぼ完成していたが、その夜、身柄を拘束された。インドネシアの入管によると、谷口容疑者は2020年10月16日に入国。半年後に滞在許可を取得し、首都ジャカルタに住んでいた。
 谷口容疑者が買ったナマズは成長し、8月に収穫期を迎える。スリダディ村は、不在の主に代わってエサやりや掃除を続けている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062200986&g=soc

不適格事業者排除へ 専門家「安全一番の企業風土を」―知床観光船事故2カ月・国交省(23日)時事

北海道・知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故は、23日で発生から2カ月。事故を教訓に、国土交通省は監査・検査の強化や、事業許可や資格の更新制導入の方針を固めるなど、「知床遊覧船」のような不適格な事業者を排除する具体策を打ち出している。

「来てとは言いづらい」 観光船再開、複雑な思い―地元事業者

 直近に開催された有識者による事故対策検討委員会では、海上運送法を改正し、小型旅客船の事業許可を5年ごとの更新制にする案が示された。法令違反があれば更新期間を短くし、優良事業者は審査の簡略化を検討する。
 現行では実務経験などの要件を自主申告すれば選任できる「運航管理者」や「安全統括管理者」については、資格試験を導入し、2年ごとの更新制とする。知床遊覧船の桂田精一社長(58)は「3年以上の実務経験」の要件を満たすと虚偽申請していた。
 このほか、国による監査の方法に抜き打ちやリモートを取り入れ、チェック回数を増やす。見つかった問題点は、船舶検査を担う代行機関と情報共有して重点的に指導する。
 排除だけでなく、船員の技量を向上させる施策も検討している。訓練を義務付けるほか、甲板員から船長に登用する際、乗船履歴を示すなど基準を明確にする。
 安全運航管理などが専門の竹本孝弘・東京海洋大教授は「監査や試験を厳しくしただけで、安全意識が高まるわけではない」と指摘。「事故を起こすと甚大な被害が出ると経営者が認識し、安全一番の企業風土づくりに取り組んでもらうことが重要だ」と強調する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062200763&g=soc

秋田市のアパートで火災、2人死亡(23日)共同

23日午前3時5分ごろ、秋田市千秋公園のアパートの住人から「火災報知器が鳴り、1階の部屋が煙で充満している」と119番通報があった。1室を焼き、焼け跡から1人の遺体が見つかった。もう1人は市内の病院に救急搬送されたが、搬送先で死亡が確認された。
https://www.sakigake.jp/news/article/20220623AK0001/

公園に放置された自動車、所有者が分かっても撤去できぬ謎… 強制できず行政は苦悩 違法駐車が増える一因にも(23日)共同

西郷隆盛や西南戦争で戦死した薩軍兵士をまつる南洲公園(鹿児島市上竜尾町)の駐車場に、自動車2台が放置されている。施設を訪れる人の駐車場利用を妨げる恐れがあるため、市企画財政局の橋口訓彦局長は「早い段階での適切な対応が必要」としている。
 開会中の鹿児島市議会6月定例会で取り上げられた。市公園緑化課が管理する駐車場に放置されたのは紫の軽自動車とグレーのスポーツタイプ多目的車(SUV)。タイヤのパンクや前部バンパーの破損があり、車の下には草が生えている。
 同課は2016年に放置された2台を確認。所有者を調べ、撤去を促す催告書を出したり、職員が所有者の自宅に出向いたりするなど複数回にわたって撤去を求めているが、取りあってもらえないという。
 都市公園法では所有者が分かっている場合、放置自動車を強制的に撤去できないため、所有者に要請するのが原則。同様の事例で、過去に市が撤去したことはない。西原直樹課長は「他都市の対応を調査研究し、早期解決に努めたい」と話した。
 駐車場に隣接する西郷南洲顕彰館の徳永和喜(かずのぶ)館長(70)によると、放置車両の存在を知り、施設を利用しない住民の“違法駐車”が増えてきたという。「放置車両があるのだから、自分も大丈夫と思っているのかもしれない。違法駐車が許される風潮が広まらないようにしてほしい」と語った。
市は現在、多賀山公園(清水町)と下田公園(下田町)でもそれぞれ1台ずつの放置車両を確認している。
https://373news.com/_news/storyid/158155/

患者から1千万円寄付で救急車1台配備「大変感謝している」 京都・南丹(23日)共同

京都府南丹市八木町の京都中部総合医療センターは、患者が寄付した1千万円を活用して救急車1台を配備した。同センターは「大事に使い、地域医療に貢献していく」と感謝している。
 高齢の寄付者は同センターで病気を治療、昨春に寄付した。救急車2台のうち1台が老朽化していたため、寄付を生かして1千万円の救急車を購入。今春から使い始めた。
 酸素ボンベや、たんなどの吸引器、ストレッチャーなどを装備。新型コロナウイルスの感染予防のため、運転席と患者席にはパーティションも設けた。入院患者を別の病院に搬送する際や、災害時に現場などで活用していくという。
https://nordot.app/912462636673679360?c=39546741839462401

« 2022年6月22日 (水) | トップページ | 2022年6月24日 (金) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ