カテゴリー

« マスク拒否男が無罪主張 旅客機の運航妨害―大阪地裁(17日)時事 | トップページ | ツイッターで募集し風俗店紹介 容疑でスカウトの男逮捕―警視庁(17日)時事 »

2022年5月17日 (火)

海保ヘリ、10基地で不十分 即時出動困難の可能性―観光船事故受け配備増強へ(17日)時事

観光船「KAZU I(カズワン)」の沈没事故での救助要請から海上保安庁のヘリコプターの現場到着まで時間がかかった問題で、現在のヘリコプター配備数では迅速な出動が難しい基地が全国に10カ所あることが16日、海保関係者への取材で分かった。

「飽和潜水」船、17日網走港に 不明者捜索、半島南側に拡大―知床事故

 事故では、通報を受けて一番早く北海道・知床半島沖の現場海域に到着したのは釧路航空基地(釧路市)に配備されたヘリ「しまふくろう2号」。ただ、パトロール中だったため基地に戻り燃料補給し、潜水士を乗せて現場に向かった。到着したのは通報から約3時間後だった。
 釧路基地には同機を含むヘリ2機が配備され、1機は整備中だった。海保関係者によると、他の基地でも2機しか配備されていないケースでは、1機は任務中、1機は整備中のことが多く、今回のような緊急事態に迅速に対応できない可能性が高い。
 ヘリが配備された海保の基地は全国に13カ所あるが、釧路を含む10カ所(釧路、函館、羽田、中部空港、関西空港、美保、北九州、鹿児島、那覇、石垣)は2機のみ。追加配備が決まっているのは2航空基地にとどまるという。
 海保関係者は「1機は整備、1機はパトロール、1機が緊急時用という3機態勢が理想的だが、予算的には限界がある」と明かす。
 事故を受け、斉藤鉄夫国土交通相は、ヘリ配備を増強する方針を表明。ただ、関係者によると、具体的にどの基地から増強するかなどは決まっていない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051600828&g=soc

« マスク拒否男が無罪主張 旅客機の運航妨害―大阪地裁(17日)時事 | トップページ | ツイッターで募集し風俗店紹介 容疑でスカウトの男逮捕―警視庁(17日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク拒否男が無罪主張 旅客機の運航妨害―大阪地裁(17日)時事 | トップページ | ツイッターで募集し風俗店紹介 容疑でスカウトの男逮捕―警視庁(17日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ