人気アニメ「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」などの画像を無断で使用し缶バッジを製作、販売したとして奈良県警は24日、著作権法違反(著作権侵害)容疑で、アミューズメント施設運営会社「鳳凰」(大阪市中央区)の幹部2人を逮捕した。
逮捕されたのは代表取締役、角田勇次容疑者(57)=兵庫県芦屋市=と、取締役で韓国籍の全充浩容疑者(56)=同県尼崎市。いずれも容疑を認めているという。
逮捕容疑は平成29年5月~今年3月、呪術廻戦、鬼滅(きめつ)の刃(やいば)、東京リベンジャーズ、僕のヒーローアカデミア、ハイキュー‼のアニメ作品に登場するキャラクターの画像データを無許可で使用して缶バッジを製作。奈良市や奈良県大和高田市の商業施設内のカプセル玩具販売機「ガチャガチャ」で販売するなどし、著作権を侵害したとしている。
県警によると、1回200円で販売していた。全容疑者は「自分たちで作れば卸値がかからず、利益が上がると思った」と話しているという。昨年8月、県警に「偽物の缶バッジが売られている」という情報が寄せられて発覚した。
https://www.sankei.com/article/20220524-JVAJ4TS6LFOTZHTNODCGLQDA2M/