カテゴリー

« 青森・今別町長を逮捕 業者に情報、官製談合疑い―県警(17日)時事 | トップページ | 裁判員裁判で初の無罪判決 富山地裁 強制性交等致傷の罪に問われた男性(17日)TBS »

2022年5月17日 (火)

薬の供給不足 深刻な状態続く ジェネリックの2500品目以上で(17日)NHK

ジェネリック医薬品メーカーの製造上の不正をきっかけに、去年の夏ごろから全国的に薬の供給不足が深刻な状態が続いていますが、依然として少なくとも2500品目の出荷が滞っていることが業界団体の調査でわかりました。 医薬品の供給をめぐっては、去年、ジェネリック医薬品メーカーの大手「日医工」を含む8社で製造上の違反が発覚して業務停止命令が出され、出荷の停止が相次いだ影響で去年の夏ごろから全国的に供給不足が深刻化しています。
こうした中、ジェネリックメーカーでつくる「日本ジェネリック製薬協会」が会員企業37社の供給状況をまとめたところ、5月10日の時点で合わせて2516品目の出荷が滞っていて、これはジェネリック医薬品全体のおよそ4分の1にあたるということです。
また、この影響で不足した薬の代わりに需要が高まった先発医薬品でも出荷の制限が続いていて、全国の医療機関や薬局では一部の薬が手に入りづらい状況が依然として続いています。
こうした状況を受けて厚生労働省はメーカー各社に増産を要請していて、これまでにジェネリック大手の「沢井製薬」と「東和薬品」の2社が生産体制を大規模に増強する計画を発表していますが、工場の増設や国の承認を得る手続きなどで2年ほどかかる見込みだということで、現在の医薬品の供給不足が解消する当面の見通しは立っていません。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220516/k10013629491000.html

« 青森・今別町長を逮捕 業者に情報、官製談合疑い―県警(17日)時事 | トップページ | 裁判員裁判で初の無罪判決 富山地裁 強制性交等致傷の罪に問われた男性(17日)TBS »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青森・今別町長を逮捕 業者に情報、官製談合疑い―県警(17日)時事 | トップページ | 裁判員裁判で初の無罪判決 富山地裁 強制性交等致傷の罪に問われた男性(17日)TBS »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ