23日午前5時ごろ、栃木県小山市の東北新幹線小山新幹線車両センターで、使用予定だった車両にブレーキの不具合が見つかったため、山形新幹線の東京発新庄行きつばさ123号が東京―福島で運転を取りやめた。
JR東日本によると、東京駅に回送する前の点検で不具合を見つけた。利用客には別の列車を案内した。影響人数は約130人という。
https://www.sankei.com/article/20220523-OSUL7X2TCVIARD3FBLHVFMP62A/