カテゴリー

« 「助けてください」顔を殴られた女性、自ら通報…生活態度めぐり口論、同居中の55歳の男「立ちふさがったりしてきたので」(26日)TBS | トップページ | 桂田社長「損傷無いはず」 船底に傷と複数証言―知床事故の特別監査・国交省(26日)時事 »

2022年5月26日 (木)

鳴る警報音、迫る電車 取り残された高齢男性 先生は決断した(26日)朝日

警報音とともに遮断機が閉まった踏切内に、自転車を押した高齢男性が。見ていた中学校の先生が声をかけた。「危ないよ」。男性の歩みはなかなか進まない。電車が近づいてきた。先生は決断した。
 福岡県大野城市の中学校教諭佐々木司さん(58)は4月15日午後2時40分ごろ、出張で乗用車を運転中、春日市のJR鹿児島線天田踏切にさしかかった。遮断機が下り、電車の通過を待った。
 ふと踏切内を見ると、電動自転車を押して歩く高齢男性が。渡り切れず、目の前の遮断機の手前で閉じ込められてしまった。男性はまだ遮断機が下りていない対向車線側に向かったが、ほどなくその遮断機も閉じた。
 「おじいちゃん、出らんと。列車来て危ないよ」
 車から降りて声をかけたが、返事はない。男性の表情からは焦りが伝わってきた。
 踏切の警報音が鳴り響くなか、博多行きの快速電車が「ファーン」と警笛を鳴らして近づいてきた。
 「これはまずい」。佐々木さ…
この記事は有料会員記事です。残り567文字
https://www.asahi.com/articles/ASQ5S6W7TQ56TIPE00D.html

« 「助けてください」顔を殴られた女性、自ら通報…生活態度めぐり口論、同居中の55歳の男「立ちふさがったりしてきたので」(26日)TBS | トップページ | 桂田社長「損傷無いはず」 船底に傷と複数証言―知床事故の特別監査・国交省(26日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「助けてください」顔を殴られた女性、自ら通報…生活態度めぐり口論、同居中の55歳の男「立ちふさがったりしてきたので」(26日)TBS | トップページ | 桂田社長「損傷無いはず」 船底に傷と複数証言―知床事故の特別監査・国交省(26日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ