「ヘキサヒドロカンナビノール(HHC)」と呼ばれる指定薬物を所持したとして、富山県警富山中央署は24日、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで、富山市の建設作業員、越田卓弥容疑者(23)を逮捕したと発表した。逮捕は5日。
逮捕容疑は3月20日、富山市内の路上に止めた乗用車内で、HHCを含む液体0・45グラムを所持したとしている。
HHCは3月17日施行の厚生労働省令で指定薬物に追加され、製造や所持、使用などが原則禁止された。同署によると、逮捕は全国初。
https://www.sankei.com/article/20220524-U5AVE6HQTFMGBOSR5L3ZMS6EV4/