15歳だった女子中学生に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、長崎県警は11日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで同県佐世保市有福町の中学校講師、神田慶太容疑者(27)を逮捕した。佐世保市教育委員会によると、神田容疑者は市立中学に勤務している。
逮捕容疑は昨年10月17日、長崎市内のホテルで、18歳未満と知りながら中学生に現金を渡してわいせつな行為をしたとしている。県警によると、容疑を一部否認。中学生の家族が被害を届け出て発覚した。
県警はプライバシー保護を理由に面識の有無や逮捕容疑の詳細を明らかにしていない。市教委は「信頼回復に全力で取り組む」とコメントした。
https://www.sankei.com/article/20220511-64SVWXMHVZPWXO2PZ7ZDL5TEN4/