22日午後3時ごろ、富山県射水市庄川本町の国道415号で、信号待ちで停止中のバスに軽乗用車が追突した。軽乗用車を運転していた同県高岡市木町の無職、張山光雄さん(73)が搬送先の病院で死亡、助手席に乗っていた妻の無職、美智子さん(85)が重体となった。バスの運転士にけがはなく、乗客はいなかった。
富山県警射水署によると、現場は見通しの良い直線。事故原因を調べる。
https://www.sankei.com/article/20220523-PE3SH4GMDVLRJDNI74FWXRF65Q/