カテゴリー

« 強盗殺人容疑で38歳フィリピン国籍男を逮捕 群馬・みどり市の男性殺害(2日)産経 | トップページ | 大学生の7割「憲法身近に感じない」 憲法記念日、新潟日報県内大学生アンケート(3日)共同 »

2022年5月 2日 (月)

治安最前線~新任 (2)職質で女性の先駆者目指す 遊撃特別警ら隊巡査長(2日)産経

「遊撃(特別警ら)隊の吉沢です。人待ちですか」
4月下旬の午後、同隊に所属する吉沢沙梨巡査長(28)は都内の店の前にいた女性に声をかけた。「職務質問になります」と伝え、身体検査を実施。不審なものを持っていないかを確認すると、お礼を述べて現場を後にした。
吉沢さんが乗るパトカーは往来のあらゆる動きを見逃さないよう、時速30キロほどでゆっくりと街を走る。約1時間で3人に声をかけたが、いずれも危険物などを所持している人はいなかった。
1日で10~20人に声をかける。「職務質問をしなければ不審点は分からない。『あのとき声をかければ』と後悔につながるかもしれない」と積極的な職務質問を心がけている。

都民のために全力

警察官を志したのは、同じく警視庁警察官だった父の影響があった。忙しく、家に帰ってこられない父の姿を見て、「都民のために全力を尽くしていると憧れた」。大学卒業後の平成29年に入庁した。
吉沢さんは練馬署を経て、令和3年5月から遊撃特別警ら隊に所属する。隊員は自動車警ら隊や鉄道警察隊出身者が多く、必然的に30~40代の職員が多くなるが、吉沢さんは入庁6年目の最年少だ。
唯一の女性隊員でもあり、異例の抜擢(ばってき)とも言える。そのきっかけとなったのは、職務質問に対する高い意識と摘発実績だ。
練馬署勤務の3年2月、未明にパトロールをしていたとき。吉沢さんが運転するパトカーを追い越した車の助手席に座る男が視線をそらすようなしぐさをした。それを見逃さず、車を止めるよう呼びかけると、男2人が降りてきた。
「防犯活動で回っています。協力してください」。男らは驚いた表情を見せたが、素直に応じた。持ち物に不審なものはないが、会話にかみ合わない部分もある。
「車内に薬物があるかもしれない」。予想は的中。後部座席の足元に大麻などが入った袋が見つかり、2人を大麻取締法違反(共同所持)容疑で現行犯逮捕。後に覚醒剤を所持・使用していたことも判明した。

未来の屋台骨を支える

これまでも職務質問を通じた摘発を重ねてきたが、初めて薬物事案でも成果を上げた。それだけに喜びも大きく、先輩の指導や警ら活動を通じて職務質問に関心を深めていたが、「職務質問部門で生きていこう」と決意が固まった。
女性で職務質問の高い技能を習得した警察官は警視庁でも少なく、女性隊員を養成する必要性もあることから、27歳の若さで抜擢されたとみられる。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220502-KLF4LTFJRVIW7KGG7NFZCJ3QNI/

« 強盗殺人容疑で38歳フィリピン国籍男を逮捕 群馬・みどり市の男性殺害(2日)産経 | トップページ | 大学生の7割「憲法身近に感じない」 憲法記念日、新潟日報県内大学生アンケート(3日)共同 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 強盗殺人容疑で38歳フィリピン国籍男を逮捕 群馬・みどり市の男性殺害(2日)産経 | トップページ | 大学生の7割「憲法身近に感じない」 憲法記念日、新潟日報県内大学生アンケート(3日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ