自宅で妻の顔を蹴るなどの暴行を加えたとして、群馬県警前橋東署は22日、傷害容疑で前橋市小坂子町の会社員、摩庭信行容疑者(63)を逮捕した。犯行後、妻は死亡しており、司法解剖して死因や暴行の状況などを詳しく調べる。
逮捕容疑は20日午後7時10分ごろ、自宅居間で妻の看護助手、陽子さん(62)の顔面を蹴るなどして傷害を負わせたとしている。「蹴ったのは間違いない」と容疑を認めている。
同署によると、22日午前1時ごろ、同居の30代息子から「母が自宅で意識がない状態で倒れている」と119番通報があり、病院に収容されたが、死亡が確認された。右目周辺に傷があり病院が同署に通報した。
犯行から死亡まで1日以上経過していることから、同署は暴行の詳しい状況や日常的な暴行の有無などを調べる。摩庭容疑者は陽子さん、息子と3人暮らし。
https://www.sankei.com/article/20220522-H6JOW3EZZ5OZVJ3GUPY7P6TTDU/