カテゴリー

« 「沖縄も大阪も大切な場所」 県人会が復帰50年行事(16日)時事 | トップページ | 新型コロナ対策の時短命令めぐる訴訟 きょう判決 東京地裁(16日)NHK »

2022年5月16日 (月)

地位協定、阻む捜査の壁 「運用改善」も米側に裁量―識者「国民的議論を」・沖縄復帰50年(16日)時事

15日で本土復帰50年となる沖縄県では、在日米軍の権限などを定めた日米地位協定が壁となり、米軍絡みの事件や事故の捜査が難航する事例が相次ぐ。政府は「運用改善」で対応してきたが、米側の裁量次第という状況は変わらない。識者は「(協定について)国民的な課題として議論すべきだ」と指摘する。

「隣に基地」今も変わらず 世界自然遺産の「やんばる」―地位協定も壁・沖縄復帰50年

 地位協定に注目が集まったのは、1995年9月の少女暴行事件だ。米兵3人の逮捕状を取得した県警に対し、米軍は協定を盾に身柄引き渡しを拒否。県民の反基地感情は爆発し、県民総決起大会では復帰後最大規模となる8万5000人が参加し、協定見直しを要求した。
 日米両政府は事件後、「殺人または強姦(ごうかん)」などの凶悪犯罪に限り、米側の「好意的考慮」で、起訴前の身柄引き渡しを可能とする運用改善で合意。ただ、起訴前に引き渡された事例は限られ、米側が拒否したこともある。
 2004年、沖縄国際大(同県宜野湾市)の構内に米軍ヘリが墜落した事故では、「公務」の壁が捜査を阻んだ。地位協定は、米軍の公務中の事故は米側が第1次裁判権を持つと規定。県警は機体検証や乗員の事情聴取ができず、氏名不詳のまま米兵4人を書類送検したが、不起訴となった。
 16年に起きた輸送機オスプレイの名護市沿岸での不時着、大破や、17年の普天間第二小学校へのヘリ窓枠落下など、沖縄ではその後も米軍機による事故が相次ぐ。
 沖縄県によると、72年から19年12月末まで、米軍関係者による殺人や強姦(ごうかん)など凶悪事件の検挙件数は580件で、米軍機の墜落事故は49件。県などは地位協定見直しを国に求めているが、60年の締結以来一度も改定されていない。
 協定に詳しい新垣勉弁護士(76)は「地位協定は復帰50年たっても沖縄が抱える苦しみ。国民的な規模で基地問題を考え、議論すべきだ」と話す。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051400338&g=soc

« 「沖縄も大阪も大切な場所」 県人会が復帰50年行事(16日)時事 | トップページ | 新型コロナ対策の時短命令めぐる訴訟 きょう判決 東京地裁(16日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「沖縄も大阪も大切な場所」 県人会が復帰50年行事(16日)時事 | トップページ | 新型コロナ対策の時短命令めぐる訴訟 きょう判決 東京地裁(16日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ