歴史的な日が訪れる。来年、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が初めて開かれる広島市に、原爆投下国の米国をはじめ、英国、フランスの核兵器保有3カ国のトップが集う。世界が依存を強めつつある核兵器が、みたび人間に使われたら、いかに悲惨な結末をもたらすか。被爆地で胸に刻み、廃絶と世界の平和へ前進する転機としたい。
残り595文字(全文:749文字)
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/168191