家電量販店で万引した商品を売却して得た収益を妻の口座に隠したとして、三重県警は20日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の罪で、津市久居新町の無職、山口貴司容疑者(53)=窃盗罪で公判中=を追送検した。捜査関係者によると、約10年間にわたり全国で万引を繰り返し、被害総額は約1億円に上るとみられる。「ぜいたくな生活を送りたかった」などと供述しているという。
起訴状によると、神奈川県茅ケ崎市や奈良県大和郡山市、岡山市中区の家電量販店からワイヤレスイヤホンや脱毛器、半導体メモリーを盗んだとされる。
三重県警は、津市の家電量販店からワイヤレスイヤホンを盗んだとする窃盗容疑で、今年1月に山口容疑者を逮捕。車の中に、顔の肌をマッサージする「美顔器」があったことから、他の被害も発覚した。
https://www.sankei.com/article/20220520-KFVDUJWZRRNU3CZRGDWU7OYTKU/