女子高校生を約1カ月半にわたり連れ回したり自宅に閉じ込めたりしたとして、愛知県警碧南署は9日、監禁の疑いで、ペルー国籍の住所不定、無職、ロヨラ・カワシマ・マヌエル・アブラハム容疑者(34)=未成年者誘拐容疑で逮捕=を再逮捕した。署によると、「そんなことはしていない」と容疑を否認している。
再逮捕容疑は3月4日、以前住んでいた愛知県碧南市の集合住宅の一室で当時16歳だった女子高校生の首を絞めた後、部屋から連れ出して数カ所を連れ回した上、4月11~18日、当時住んでいた同県常滑市の自宅に閉じ込めて監禁したとしている。高校生にけがはなかった。
アブラハム容疑者は3月4日に高校生を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で4月18日に現行犯逮捕されていた。
https://www.sankei.com/article/20220509-SEZGKMA4I5PBJCAF227UC3OCII/