電車内での暴行容疑で20日逮捕された小野平八郎容疑者は、財務省で他省庁との政策調整を担う総括審議官を務め、いわゆる「次官コース」の幹部職員だった。
税制改正などでの手堅い仕事ぶりには定評があり、毎年度の税制改正を決める自民党税制調査会の大物議員に対しても物おじしない人柄で知られていた。
財務省は同日、「事実関係を確認中であり、現時点ではこれ以上のコメントは差し控えさせていただきたい」とコメントしている。
https://www.sankei.com/article/20220520-OBKPDCEHOZJFBA3IPBSMCYF454/