大阪府内の複数の学校に対し、校舎を爆破するという内容のメールが届いていたことが19日、大阪府教育庁への取材で分かった。
府教育庁は、小中学校や高校に不審物がないかどうかの確認を呼びかけて警戒を強化するとともに、大阪府警とも情報共有を進めている。
関係者によると、予告メールは17日に複数の学校に届いた。大阪市内の全ての学校に爆弾を設置しており、24日以降、1校ずつランダムに爆破していくという内容だった。
https://www.sankei.com/article/20220519-ZE2YH6OMV5MJPHVI7EKPEPLACM/