埼玉県春日部市の自宅で同居する母親(79)を窒息死させたとして、県警は14日、殺人の疑いで、無職の荻野成訓容疑者(49)を再逮捕した。自宅に母親の遺体を放置したとして死体遺棄容疑で4月24日に逮捕されていたが、さいたま地検は処分保留とした。
再逮捕容疑は4月22日、春日部市大場の自宅で母親の礼子さんの首を圧迫し、窒息死させたとしている。
県警捜査1課によると、当初は黙秘していたが、殺人容疑は認めている。
荻野容疑者は礼子さんと2人暮らし。礼子さんの顔などに複数のあざがあり、室内からは血痕も見つかった。県警が詳しい経緯を調べている。
https://www.sankei.com/article/20220514-LM2BFR4K4JOL5LVVRP2J6J2M54/