愛知県知立市の側溝内で男性の他殺体が見つかった事件で、側溝のふたが草や土に覆われた状態だったことが12日、愛知県警安城署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は遺体の発見を遅らせようとした疑いがあるとみている。
捜査本部は同日、遺体の身元を同県岡崎市の無職、三浦正裕さん(29)と発表。上半身を中心に10カ所以上に、刃物による刺し傷や切り傷があった。司法解剖の結果、死因は失血だった。捜査本部は強い殺意や恨みをうかがわせるとして、三浦さんの交友関係や直前の足取りを調べている。
捜査本部などによると、抵抗した際に付いたとみられる細かい擦り傷もあった。凶器の刃物は見つかっていない。草は現場付近で自生しているもので、抜いてかぶせたとみられる。
近くで脱輪した状態で発見された乗用車は三浦さん名義だった。
遺体は11日午前7時10分ごろ、知立市八橋町井戸尻の道路脇の側溝で見つかった。
https://www.sankei.com/article/20220512-P3QLTDSVNJOXVFUZQODQHCPN64/