JR大阪駅に到着する電車の爆破予告が4日夜、ネット上で発見され、大阪府警曽根崎署員が車内などを確認したが、爆発物は見つからなかった。同署は悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べている。
同署やJR西日本によると、倉敷-大阪駅間を運行していた電車に、爆弾を仕掛けたとする書き込みがツイッター上に投稿された。この電車は旅行会社が貸し切っていたという。同署は大阪駅に到着した午後7時半ごろから車内などを調べたが、不審物は発見されなかった。
車内を調べる間、ホームにいた一部の利用客が避難し、一時騒然となったが、運休などの影響はなかった。
https://www.sankei.com/article/20220505-AEI4YO7ZARJ4LJCBQJIF3JUSQU/