1日午後3時半ごろ、長野県塩尻市桟敷、小沢巌さん(92)方の敷地内にあるプレハブ小屋が燃えていると、通りかかった人が119番通報した。約10分後に消し止められたが、小屋の一部が燃え、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。小沢さんもやけどを負い病院に搬送されたが、死亡が確認された。
県警塩尻署によると、小沢さんは80代の妻と長男と3人暮らし。妻と連絡が取れておらず、同署は遺体は妻とみて身元確認を進めるとともに、詳しい状況を調べる。
https://www.sankei.com/article/20220501-3XJZJR7P7BNZRICOD6OGRGCVBA/