和歌山市と隣接する和歌山県紀の川市を結ぶ和歌山電鉄貴志川線で線路上に傘などが相次いで置かれた事件で、和歌山県警和歌山東署は15日、列車往来危険の疑いで、和歌山市の男(53)を逮捕した。同署によると、男には知的障害がある。「むしゃくしゃしてやった」などと供述し、容疑を認めているという。
逮捕容疑は14日午後2時10分ごろから同3時55分ごろまでの間、和歌山電鉄貴志川線日前宮駅(和歌山市有家)や吉礼(きれ)駅(同市吉礼)近くの線路に複数の傘などを投棄し、列車の往来に危険を生じさせたとしている。
同署によると、付近の防犯カメラ映像などから男の関与が浮上。この事件では、けが人や列車と傘などとの接触はなかったが、列車2本が緊急停止していた。
https://www.sankei.com/article/20220516-CZ4JQ53HKRLYRIMBRQQORPZIJM/