11日未明に千葉県市川市塩焼のアパートで女性が刺された事件で、県警行徳署は同日、市川市宝、自称会社員、西畑輝(ひかる)容疑者(34)を殺人未遂の疑いで逮捕した。
事件は11日午前4時10分ごろ、「元夫に背中と腹を刺された」という女性からの110番通報で発覚。行徳署員が駆け付けると、室内で居住者の女性(27)が腹部などから血を流して倒れていた。女性は重傷だが、搬送時に意識はあり、命に別条はないとみられる。
現場の室内では、凶器とみられる包丁のようなものが見つかった。同署は2人の間で何らかのトラブルがあったと見て調べており、西畑容疑者から事情を聴いている。
現場は東京メトロ東西線妙典駅から南東に約1・3キロ離れた住宅街。現場のアパートの周りには規制線が張られ、複数の警察官が出入りしていた。近くに住む無職の女性(65)は、「このような事件が起きて怖い」と話した。
https://www.sankei.com/article/20220511-SF7PB6OJ4RKG7CPZ5KCNXVOLVI/