夏の参院選山口選挙区(改選数1)に立憲民主党の新人として立候補すると表明している安倍晋三元首相の元秘書、秋山賢治氏(52)の自宅の玄関付近に、異臭のする液体のようなものがまかれたことが26日、分かった。立民県連が同日までに明らかにした。秋山氏は山口県警下関署に被害届を提出したという。
立民県連は「民主主義を脅かす愚行で、断じて許されない。強く抗議する」とのコメントを出した。
立民県連によると、24日朝、下関市内の自宅の玄関付近に、液体のようなものが約2メートルにわたってまかれているのを、同居する母親が発見した。
https://www.sankei.com/article/20220526-LNLU6RLZVJKOBKAXB72DBN2PQM/