カテゴリー

« 2022年5月29日 (日) | トップページ | 2022年5月31日 (火) »

2022年5月30日 (月)

2022年5月30日 (月)

「みかじめ料払わないで」 神田・万世橋署が暴追パトロール(30日)産経

暴力団が飲食店から場所代や用心棒代名目で徴収する「みかじめ料」の支払いを断ち切るため、警視庁神田署や万世橋署などは、暴力団追放パトロールを実施した。「暴力団に金を出さない」などと書かれたのぼり旗を手に多くの飲食店が集まる神田駅西口商店街やJR神田駅周辺を歩いた。
パトロールには、神田署の川合真人署長と千代田区の樋口高顕区長のほか、神田地区特殊暴力防止対策協議会会員や万世橋署員ら約60人が参加。「暴力団にみかじめ料などの金銭を支払った場合、事業者側も罰せられる場合があり、絶対に支払ってはいけない」などと注意喚起をしていた。
川合署長は「みかじめ料などの要求は勇気をもって断ってほしい。神田の街から暴力団完全排除を目指して、いろんな活動をやっていきたい」と述べた。
https://www.sankei.com/article/20220530-XGZWTCQGNBO7HBPYB5ZPDDFIIA/

飲酒運転の常連客の身代わりに 容疑で居酒屋店主ら書類送検 大阪(30日)朝日

 店で飲酒した後に車で事故を起こした常連客に頼まれ、店員を身代わりにしたとして、大阪府警は30日、居酒屋店主の男(34)=大阪府泉佐野市=を犯人隠避教唆容疑で書類送検し、発表した。容疑を認めているという。
 泉南署によると、居酒屋の常連客の男(31)が3月10日未明、泉南市の国道26号で酒を飲んで軽トラックを運転した。店主は男と共謀し、男の処罰を免れようと、店のアルバイト店員の女(30)に身代わりになるよう依頼した疑いがある。
 常連客は道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑などで、店員は犯人隠避容疑で、それぞれ書類送検された。2人も容疑を認めているという。
 署によると、常連客は運転中に中型トラックに追突。自分の車が動かなくなり、店主に「来てくれ。飲酒運転がばれる」と連絡したという。店員は店主からの依頼で現場に行き、「自分が運転していた」と警察官に申告していた。
 常連客の右手に事故の際にできたとみられる擦り傷があり、身代わりの疑いが浮かんだという。
https://www.asahi.com/articles/ASQ5Z6X29Q5ZPTIL01C.html

「31日に下校中の子ども誘拐する」予告メール 学校や警察はパトロール強化 山梨・北杜市(30日)TBS

29日、山梨県北杜市役所あてに市内の小学校の子どもを誘拐するといった内容のメールが届いたことが分かりました。
メールは「31日に下校中の子どもを誘拐する」といった内容で県外の男性を名乗る人物からでした。
市は教育委員会と協議し、30日から1週間ほど市内の小中学校を対象に登校時の見守りの強化や下校時は保護者へ子どもの引き渡しを行うことにしています。
また北杜署にも通報し捜査とパトロールの強化を依頼しています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/58213?display=1

【国内感染】新型コロナ 24人死亡 1万2207人感染(30日18:15)(30日)NHK

30日はこれまでに全国で1万2207人の感染が発表されています。
また、埼玉県で5人、東京都で3人、北海道で2人、岐阜県で2人、福岡県で2人、三重県で1人、兵庫県で1人、大阪府で1人、宮城県で1人、広島県で1人、徳島県で1人、愛知県で1人、栃木県で1人、沖縄県で1人、熊本県で1人の合わせて24人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め883万1816人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて883万2528人となっています。
亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万584人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万597人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は30日の新たな感染者数です。

▽東京都は153万8037人(1344)▽大阪府は97万1507人(548)▽神奈川県は75万2806人(903)▽埼玉県は54万9775人(700)
▽愛知県は54万700人(535)▽千葉県は44万9027人(423)▽福岡県は42万4125人(799)▽兵庫県は42万3719人(373)
▽北海道は35万7866人(894)▽沖縄県は21万3780人(466)▽京都府は20万3032人(220)▽静岡県は16万9634人(244)
▽茨城県は15万8567人(273)
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013650381000.html

小田急江ノ島線 運転再開 踏切事故で3時間余にわたり影響(30日)NHK

小田急江ノ島線は、神奈川県の藤沢駅と本鵠沼駅の間の踏切で、踏切内に進入した車と列車が接触する事故があった影響で、藤沢駅と片瀬江ノ島駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、事故から3時間余りたった午後8時25分ごろに全線で運転を再開しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013650621000.html

阿武町長ら減給処分へ 誤送金で方針公表―山口(30日)時事

山口県阿武町は30日、新型コロナウイルス対策の給付金事業で4630万円を誤送金した問題を受け、花田憲彦町長らを減給処分とする方針を公表した。町長は50%、副町長は40%、給与をそれぞれ3カ月カットする。町議会の6月定例会に諮り、可決され次第、発令する。

誤送金の9割「確保」 4299万円が町に―山口・阿武

 このほか、出納室長を減給10%(3カ月)の懲戒処分、課長級と課長補佐級の職員各1人を訓告処分、別の課長補佐級職員2人を厳重注意とする方針。
 花田町長は「厳正な処分を行うことは当然のことと申し上げてきたが、一定程度の金の回収のめどが立ち、調整も落ち着いてきたので、方針を決定し公表した」とコメントした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022053000821&g=soc

不明機発見、16遺体を収容 22人搭乗、山腹に墜落―ネパール(30日)時事

【ポカラ(ネパール)AFP時事】ネパール軍報道官は30日、乗客乗員22人を乗せて29日に消息を絶った小型機について、「捜索隊が残骸を発見した」と明らかにした。民間航空局によると、山腹に墜落した機体の残骸からこれまでに16遺体が収容された。残る不明者の捜索活動が続いているという。

22人乗り小型機、消息絶つ 悪天候で捜索難航―ネパール

 同機を運航するタラ・エアの報道担当者によると、同機にはドイツ人2人とインド人4人を含む乗客19人と乗員3人が搭乗。首都カトマンズ西方200キロにある中部の観光地ポカラから北部ジョムソンに向かっていた。
 ネパールで多数の国内線を運航する民間航空会社イエティ航空の傘下にあるタラ・エアは、2016年にも同じルートで乗客乗員23人が死亡する墜落事故を起こしている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022053000552&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

石綿、メーカーに賠償命令 札幌高裁、39人へ1億6千万円(30日)共同

建設現場でアスベスト(石綿)を吸い、肺がんや中皮腫を発症したとして、北海道内の元労働者や遺族ら計47人が建材メーカー19社に計7億4250万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁は30日、いずれの訴えも退けた一審判決を変更し、メーカー大手4社に連帯して原告39人に計約1億6千万円を支払うよう命じた。残る8人については控訴を棄却した。
 長谷川恭弘裁判長は判決理由で、メーカーは1973年には屋内で建設作業に従事する人が石綿に関連する病気にかかる危険性を認識できたと指摘。74年以降、警告表示する義務があったのに4社が怠ったと判断した。
https://nordot.app/903972516192731136?c=39546741839462401

特急と車衝突、1人けが 小田急、運転見合わせ(30日)共同

30日午後5時20分ごろ、神奈川県藤沢市にある小田急江ノ島線藤沢―本鵠沼間の踏切で、新宿発片瀬江ノ島行きの特急「ロマンスカー」と軽自動車が衝突し、車を運転していた同市の男性(79)がけがをした。藤沢署によると、命に別条はない。踏切には遮断機があり、男性が誤って進入したとみられる。
 小田急電鉄によると、通過中のロマンスカーの側面に車が接触し、電車は直後に停止。一部区間で運転を見合わせた。ロマンスカーの乗客乗員約10人にけがはなかった。乗客は電車から降り、近くの駅まで歩いた。
https://nordot.app/903980200912601088?c=39546741839462401

市幹部虚偽情報でPTSD深刻化 長崎、記者性暴力訴訟(30日)共同

長崎市幹部による性暴力訴訟で30日、市に損害賠償を命じた長崎地裁の判決は「別の市幹部による虚偽情報の拡散も影響して、女性記者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が深刻化した」と指摘し、市に二次被害防止の責任があったと認定した。
 市内で記者会見した原告の女性は「責任が市側にあると司法に判断していただけた」と話し、代理人の中鋪美香弁護士は「二次被害の発生を予見できる事情がありながら、何もしなかったと責任を認めた」と評価した。
 天川博義裁判長は判決理由で「誤った情報の流布により、精神的苦痛を受ける恐れは周知の事実」と言及した。
https://nordot.app/903958825744564224?c=39546741839462401

😢警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
来日外国人の重要犯罪検挙者が増えている
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20220530211001 Img_20220502_155736  5月26日未明、千葉県富里市で3人の外国人同士の殺傷事件が発生したが、今年に入り殺人や強盗などの外国人による凶悪犯の検挙者数が増えている。
 … … … … …
 警察庁によると令和4年4月現在の来日外国人の検挙者総数は2794人で前年同期より588人の減少。
 内訳は刑法犯が1443人で前年より252人の減。特別法犯が1351人で同336人の減少だった。
 このうち重要犯罪の検挙者数は100人で、最多は強盗と強制わいせつの各31人で、強盗が前年より1人の増。強制わいせつが同2人の増加。さらに殺人は13人で1人の増加となっている。
 一方、重要窃盗犯は48人の検挙で、最も多かったのは侵入盗の32人。それでも前年より29人減っている。
 刑法犯、特別法犯の検挙者のランキングは東京の751人、愛知の328人、神奈川の202人、大阪と埼玉の各193人などと続く。なかでも東京は刑法犯が320人、特別法犯が431人とそれぞれ全国1だった。
 重要犯罪、重要窃盗検挙者148人を国籍別でみると1位はベトナム人の49人、中国人の22人、スリランカ人の15人などとなっている。
 なんと言っても1日当たりにすると平均23人の検挙者数となり、由々しき問題である。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

パソコンがフリーズ「ウイルスを除くため電子マネーを7万円分買って」は詐欺 見抜いたコンビニ店員に感謝状(31日)共同
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/967106

「60歳以上に医療費還付」市役所職員名乗る電話信じ振り込み 川口の74歳男性、140万円被害(28日)共同
「印鑑持ってきて」離れた隙に封筒すり替え 坂戸の86歳女性、預金通帳などだまし取られ50万円被害(28日)共同
札束をチラ見せ…15億円集めた詐欺男の「カバン芸」(27日)産経
コロナ給付で家賃300万円詐取疑い 津地検、男を追起訴(26日)産経
架空料金請求詐欺で7000万円だまし取られる…愛知・豊橋市の80代女性が被害(26日)TBS
受け子か、大学生再逮捕 250万円詐取容疑、三重(25日)産経
特殊詐欺事件の受け子か 京都の男を逮捕(25日)TBS
特殊詐欺被害282億円 3年確定値、7年連続減(23日)産経
被害総額4000万円以上か コロナ給付金詐欺の疑いで東京の男逮捕(22日)TBS

交際女性暴行後に沖縄へ逃亡、男逮捕 警視庁(30日)産経

交際相手の女性に激しい暴行を加えたとして、警視庁麴町署は30日、傷害の疑いで、住居、職業不詳の野沢優(すぐる)容疑者(27)を逮捕した。
逮捕容疑は、3月23日午前5時ごろ、東京都千代田区のホテル室内で交際相手だった20代の女性の顔を数十回にわたって拳で殴打し、顔の骨を折る全治約6カ月の重傷を負わせたとしている。
https://www.sankei.com/article/20220530-PLH6OQZE65NUDIVPZWLHWOUMPE/

家族ぐるみ詐欺容疑、父はインドネシア逃亡? 9.6億円受給関与か(30日)朝日

家族ぐるみで新型コロナ対策の持続化給付金の不正受給に関わったとして、警視庁は30日、住居不詳の谷口光弘容疑者(47)を詐欺容疑で指名手配して写真を公開したほか、三重県内に住む家族3人を同容疑で逮捕し発表した。光弘容疑者は海外に出国したとみられる。
 同庁は、光弘容疑者らの家族を中心とするグループが少なくとも計960件以上の不正な申請をし、計約9億6千万円分の受給に関わったとみている。ひとつのグループによる不正受給額としては過去最大規模という。
 逮捕されたのは、光弘容疑者の元妻で会社役員谷口梨恵容疑者(45)、長男で職業不詳の大祈(だいき)容疑者(22)、次男(21)=事件当時19歳=の計3人。
 捜査2課によると、3人は2020年6~8月、兵庫県東京都などの20~50代の男女3人の依頼を受け、コロナ禍で売り上げが減ったなどとする虚偽の内容の申請をし、持続化給付金300万円を国からだまし取った疑いがある。同課は3人の認否を明らかにしていない。
 3人はいずれも光弘容疑者の指示を受け、次男が名義人に代わって作成したうその確定申告書を税務署に提出して申告書の控えを入手し、元妻と長男が申請手続きをしていたという。同課は、光弘容疑者が家族だけでなく複数の知人にも同様の役割を与えるなど十数人からなるグループを作り、不正申請を繰り返していたとみている。
 光弘容疑者らグループは「誰でもお金がもらえる」とセミナーを開いたり知人の紹介を受けたりして、全国から計約1780件の名義人を集め、このうち約960件以上について不正に給付金を受け取っていたという。給付金が振り込まれた名義人からは、1件あたり十数万~数十万円の報酬を得ていたとみられる。
 20年8月ごろ、持続化給付金事務局から警視庁に相談があり事件が発覚。光弘容疑者はその2カ月後にインドネシアへ出国したという。(高嶋将之、山口啓太)
https://www.asahi.com/articles/ASQ5Z4JJ4Q5ZUTIL00Q.html?iref=comtop_7_02

石川・白山市白峰タクシー強盗事件 被告「殺すつもりまではなかった」(30日)TBS

石川県白山市白峰の県道でタクシー運転手を切りつけ、強盗殺人未遂などの罪に問われた男の初公判が5月30日、金沢地裁で開かれました。男は「殺すつもりまではなかった」と、起訴内容を一部否認しました。
この裁判は去年7月、白山の登山口に向かう県道でタクシー運転手の70代男性の首などをカッターナイフで切りつけ、売上金と車を奪ったとして、金沢市北安江の宮下剛士被告45歳が強盗殺人未遂と窃盗の罪に問われているものです。
5月30日、金沢地裁で開かれた裁判員裁判の初公判で、宮下被告は「殺すつもりまではなかった」と述べ、起訴された内容を一部否認しました。 また弁護側は、宮下被告が凶器に使ったカッターナイフは刃先が2センチしか出されていなかったことから運転手の傷は浅かったと主張。宮下被告は運転手を脅して車の外に追い出し、金を奪おうとしただけで、強盗傷害罪に留まると殺意を否認しました。
一方検察側は、宮下被告は殺意を持って運転手の後ろから首の左側を突き刺していて、犯行態様は悪質で、経緯や動機にも酌量の余地はないと指摘しました。また検察によりますと、切りつけられたタクシー運転手の男性は、「首の左側にスタンガンのような痛みがあり、反射的に右手で首を触るとぬめっとしていて、血だと分かった。このままでは殺されると思い運転席から逃げた」と供述したということです。
裁判の大きな争点は殺意の有無で、今後は証人尋問や被告人質問などが行われ、6月15日に判決が言い渡される予定です。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/58038?display=1


長崎市に1900万円賠償命令 女性記者への性暴力―地裁(30日)時事

長崎市の男性幹部(故人)から2007年、取材中に性暴力を受けたとして、報道機関の女性記者が市に約7400万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が30日、長崎地裁であり、天川博義裁判長は約1975万円の支払いを命じた。

女性記者「知る権利も侵害」 市幹部の性暴力訴え―長崎地裁

 天川裁判長は、男性幹部が長崎の平和祈念式典に向けた取材で会った女性記者に性暴力を振るったとし、「職務関連性を有する」と市の責任を認定。別の市幹部が「合意の上だった」などと虚偽の情報を広めたことも認め、「市は原告の二次被害を防止すべく指導注意しなかった」と判断した。
 その上で「取材活動に支障を生じさせた」などと指摘し、慰謝料500万円や治療費などの支払いを命令した。
 判決によると、女性は07年7月、市原爆被爆対策部長(当時)の男性から性暴力を受けた。男性は市の内部調査開始後に自殺。女性は心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。
 女性記者は判決後に記者会見し、「ほっとした。事件の責任が長崎市側にあると司法に判断してもらえたことに喜んでいる」と語った。
 長崎市の田上富久市長は「判決文を十分に精査して対応を検討する」とのコメントを出した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022053000101&g=soc

改修中の福山城、「全国唯一」鉄板張り天守がお目見え 重厚・壮麗、白と黒のコントラスト(30日)共同

大規模改修工事が進む広島県福山市の福山城で、天守に復元される「全国唯一」の鉄板張りが姿を現している。8月28日の再オープンに向けて工事用のシートや足場の撤去が進んでおり、城と街の新たな景色が楽しめるようになる。
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/170667

乳児暴行死、母に懲役4年 マットにたたき付け、埼玉(30日)共同

埼玉県春日部市で2021年9月、生後4カ月だった長女をベビーマットにたたき付け、外傷性脳障害で死なせたとして、傷害致死の罪に問われた母親の無職高橋楓被告(21)の裁判員裁判で、さいたま地裁は30日、懲役4年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 金子大作裁判長は判決理由で、長女美琴ちゃんの泣き声にいらだちを募らせて犯行に及んだと指摘。「母親として保護すべき立場であるのに、落ち度などあるはずもない被害者に暴行を加えた。動機は身勝手だ」などと述べた。
https://nordot.app/903928224773062656?c=39546741839462401

大阪・関西万博 企業や団体の「パビリオン」 構想概要を発表(30日)NHK

2025年の大阪・関西万博で企業や団体が技術などを紹介する「パビリオン」の構想の概要が発表されました。
実施主体の博覧会協会は30日、東京都内で記者会見を開き、万博会場で「民間パビリオン」の出展者のうち、合わせて12の企業や団体がそれぞれ構想の概要を発表しました。
このうち、パナソニックホールディングスのパビリオンでは、子どもたちが非日常的な冒険などを通じて自分自身の可能性を再発見できるような内容にしたいということです。
また、バンダイナムコホールディングスは、人気アニメの「機動戦士ガンダム」で描かれた世界を舞台に、未来社会の課題などについて考えるパビリオンで、実際の会場に加え、仮想空間「メタバース」も活用するということです。
このほか、吉本興業ホールディングスは「世界中の子どもたち」「笑い」「つながる」をキーワードに、分断や対立が進む社会に笑いの力を示したいとしています。
博覧会協会のトップを務める経団連の十倉雅和会長は「民間パビリオンは万博の華で、魅力のひとつとして欠かせないものだ。開催に向けて一緒に盛り上げていきたい」と述べました。
博覧会協会では、民間パビリオンについて情報発信するサイトを6月に開設することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013649981000.html

都のワクチン大規模接種会場でノババックスの接種始まる(30日)NHK

国内で4種類目の新型コロナワクチンとなるノババックスのワクチン接種が、東京都の大規模接種会場で始まりました。
アメリカの製薬会社ノババックスが開発したワクチンは4月に承認され、5月25日に公的な予防接種に追加されました。
東京都は、2か所の大規模接種会場での接種を30日から始め、このうち都庁の展望室に設けられた会場では、事前に予約した人が訪れて接種を受けていました。ノババックスのワクチンは、ファイザーやモデルナとは異なる仕組みで、これまでのワクチンでアレルギー反応が出た人や、2回目まではアストラゼネカを打った人などが接種すると想定されています。
都によりますと、都庁の会場では1回目と2回目の接種向けに、一日40人分の予約枠を設けていて、今度の日曜日までは、すべて埋まっている一方で、3回目向けの予約枠は、160人分のうち半分程度に空きがあるということです。
接種を受けた30代の男性は「1回目と2回目の接種のあと熱が出てしまい、仕事がつらかったので、3回目は副反応をなるべく抑えられたらと思い、ほかのワクチンより副反応が少ないと言われているノババックスを選びました。3回目を打てたことで行動の幅が広がればいいなと思います」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013650041000.html

ウクライナ避難民支援で学生ボランティアがポーランドへ出発(30日)NHK

ロシアの軍事侵攻を受け、ウクライナから避難した障害のある人などを支援しようと、日本財団が派遣する学生ボランティアの出発式が行われ、ウクライナの隣国のポーランドに向けて出発しました。
出発式は30日に東京都内で開かれ、日本財団ボランティアセンターに応募があったおよそ230人から選ばれた人のうち、25人が出席しました。
式では財団の樺沢一朗 常務理事が「コロナの影響で国内にも海外にも出られていないと思うが、いま世界がどう動いているか知る貴重な経験にしてほしい」と述べました。
これに対し、ボランティアを代表してきょうから2週間あまりポーランドに派遣される、早稲田大学2年の齋藤凛花さん(19)は「私は生まれつき難聴がありますが、障害者の1人として避難した人たちがどれだけ不安で感情を押し殺しているか想像するだけで心が苦しいです。心細さや生活の不便さを減らしたいです」と抱負を語っていました。
財団によりますと、ウクライナ国内にはおよそ270万人の障害者がいて国外に避難した人もいますが、支援は行き届いていないとみられ、学生たちはポーランド南部のクラクフを拠点に現地のNGOと協力しながら障害者や子どもの支援、それに医薬品や食料品の配布などを行うということです。
財団では10月ごろまでにあわせて105人の学生ボランティアを派遣する予定で、今後も改めて募集するとしています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013650141000.html

東京 コロナ 3人死亡 1344人感染確認 前週月曜より約700人減(30日)NHK

東京都内の30日の感染確認は、1週間前の月曜日よりおよそ700人少ない1344人で、前の週の同じ曜日を17日連続で下回りました。
また、都は、感染が確認された3人が死亡したことを発表しました。
東京都は30日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の1344人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の月曜日よりおよそ700人減りました。
前の週の同じ曜日を下回るのは17日連続です。
一日の感染確認が2000人を下回るのはことし1月11日以来です。
30日までの7日間平均は2758.3人で、前の週の78.6%でした。
30日に確認された1344人を年代別に見ると、30代が最も多く、全体の19.6%にあたる264人でした。
65歳以上の高齢者は109人で、全体の8.1%です。
また、これまでの都の基準で集計した人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は4人で、29日より1人増えました。
一方、都は、感染が確認された70代と80代の男性あわせて3人が死亡したことを発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013649961000.html

国際手配の7人逃さない 日本赤軍の空港銃乱射50年「事件終らず」(30日)産経

50年前のきょう、1972(昭和47)年5月30日、イスラエルのロッド(現ベングリオン)国際空港で日本赤軍メンバー3人が自動小銃を乱射、約100人を殺傷する事件を起こした。世界を震撼させた日本赤軍を組織したのが、今月28日に出所した重信房子元最高幹部(76)。重信元最高幹部は逮捕され刑期も終えたが、現在も日本赤軍メンバー7人は逃亡したままだ。日本警察は再び手配犯を追い詰めることはできるのか。当時の関係者が思いを語った。

沸き上がった歓声

平成12年10月、大阪府警警備部長だった高橋清孝さん(65)は、大阪市西成区のマンションの一室に重信元最高幹部らしき女が潜伏しているとの報告を受けた。
「なぜ、大阪に」
昭和46年に中東に渡って以来、海外にいるとされていた重信元最高幹部。想定外の報告だった。逮捕容疑となるオランダのフランス大使館が武装占拠されたハーグ事件からそのときすでに26年。捜査員が秘撮した写真からはかつての面影はなく、確認作業を慎重に進めるよう指示した。
平成12年11月8日午前1時過ぎ、捜査員から、女が出したごみの空き缶の指紋が重信元最高幹部と一致したと連絡がきた。着手を命じ、同日午前10時半過ぎ、逮捕の連絡が入った。高橋さんが府警の幹部会議で逮捕を伝えると、「おーっ」という歓声と拍手が湧き上がった。
「本当に本人か」。一抹の不安もなかったわけではない。だが、東京へ移送される際に新大阪駅でメディアの前で親指を立てた姿をみて、「間違いない」と確信した。

意気投合した捜査員

日本赤軍の追跡は日本警察の最重要課題だったといえる。警察庁警備局公安3課内には、警視正をトップに日本赤軍の追跡を専門とした「調査官室」という部署が誕生。捜査員らは「赤軍ハンター」と呼ばれ、情報収集のために完全に秘匿された任務で世界中を走り回っていた。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220530-HGAXCNV7FRNVTHHUMGLMOOGU6U/

天皇陛下、全国植樹祭にオンライン出席 皇室5月30日~6月5日(30日)朝日

天皇、皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。
 宮内庁は5月30日~6月5日の予定を発表した。天皇陛下は6月5日、滋賀県で開かれる第72回全国植樹祭にオンラインで出席する。体調に支障がなければ皇后さまも出席する(表記は宮内庁発表に準じます。予定は変更されることがあります)。
https://www.asahi.com/articles/ASQ5W6QK0Q5WUTIL01G.html

住宅が全焼 焼け跡に遺体 次女(28)か 4人を病院に搬送 愛知・一宮市(30日)TBS

愛知県一宮市で住宅が全焼し、1人が死亡、4人がケガをしました。 きのう午後9時半ごろ、一宮市木曽川町黒田の無職、尾崎秀樹さん71歳の住宅から出火しました。
消防車など12台が出て、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造2階建ておよそ140平方メートルが全焼し、焼け跡から1人の遺体がみつかりました。
尾崎さんの28歳の次女と連絡がとれていないということで、警察が身元の確認を進めています。 尾崎さんと72歳の妻、93歳の母親、それにとなりに住む52歳の女性が病院に運ばれましたが命に別状はないということです。
現場は名鉄新木曽川駅から東へおよそ300メートルの住宅街です。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/57294?display=1

パトカーに追われ軽乗用車と衝突 逃走 母子けが 名古屋・中川区(30日)TBS

名古屋市中川区で、パトカーの追跡から逃げていた車が別の車と衝突し、親子にけがをさせ、逃走しました。 29日午前11時半ごろ、中川区大畑町で、一方通行を逆走してきた乗用車が交差点で軽乗用車と衝突。
乗用車を運転していた人物は車を置いて逃げ、軽乗用車に乗っていた41歳の女性と12歳の息子が軽いけがをしました。 乗用車は事故の直前、ここから南におよそ1.7キロ離れた、港区小割通1丁目の右折禁止の交差点を右折し、パトカーが停止を求めましたが応じず、危険な運転で逃げ、パトカーが追跡は危険と判断し、やめたあとに事故が起きました。
港警察署の東山明広副署長は「現時点では適正な職務執行だったと判断している」と、コメントしています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/57280?display=1

韓国船が竹島周辺の日本のEEZ内で海洋調査 外務省強く抗議(30日)NHK

島根県の竹島周辺の日本のEEZ=排他的経済水域で、韓国の調査船が海洋調査を実施していたことが確認されました。外務省は、国連の規定に反するもので、ただちに中止すべきだとして、強く抗議しました。
外務省によりますと、29日午後、島根県の竹島周辺の日本の排他的経済水域で韓国の国立海洋調査院に所属する調査船「Hae Yang2000(ヘヤン・ニセン)」が、断続的に、ワイヤーのようなものなどを海の中に投下して航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認しました。
このため、外務省が問い合わせたところ、韓国側は、調査を行っていることを認めたということです。
これを受け、外務省の船越アジア大洋州局長は、日本の排他的経済水域で事前の同意を得ずに海洋調査を行っていたことは、国連の規定に反するもので受け入れられず、ただちに中止すべきだとして、強く抗議しました。
これに対し、韓国政府は、従来の韓国側の立場を説明したということです。
竹島周辺の排他的経済水域では、今月初めに韓国の国営企業から依頼を受けた外国船籍の海洋調査船が航行していたことが確認され、日本政府が、仮に調査活動を行っているのであれば認められないと伝達したのに対し、韓国政府は、「調査は実施していない」と説明していました。

海上保安本部 中止を要求

第8管区海上保安本部によりますと、28日から29日にかけて島根県の竹島の北の日本の排他的経済水域で韓国の海洋調査船がワイヤーのようなものを海中にのばしているのを海上保安庁の巡視船が確認したということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220529/k10013649141000.html

警察庁 JAXAと共同で無人航空機開発へ 災害時の被害把握に活用(30日)NHK

災害が起きた際の被害の迅速な把握や警備などに役立てようと、警察庁はJAXA=宇宙航空研究開発機構と共同で、無人航空機の開発に乗り出すことを決めました。早ければ3年後の実用化を目指したいとしています。
全国の警察ではここ数年、大規模な災害への対応や要人が出席する行事の警備などが増え、限られた人員の中で活動をいかに効率的に行うかが課題となっています。
こうした中、警察庁は今年度からJAXA=宇宙航空研究開発機構と共同で、高性能の無人航空機の開発に乗り出すことを決めました。
災害が起きた際、無人航空機のカメラで被害の状況などを迅速に把握するほか、大規模な警備が行われる会場の周辺で、不審な人物などがいないか上空から監視することを想定しているということです。
実用化に向けては、サイバー攻撃などで機体が乗っ取られたり、撮影した画像や飛行データが盗み取られたりしないよう、高度なセキュリティを確保する必要があるとしています。
このため、無人航空機の開発実績があるJAXAの協力を得て実証実験を行い、必要な性能やセキュリティの確保に向けた研究を進める方針です。
警察庁は早ければ3年後の2025年に実用化することを目指し、まずは大阪・関西万博の警備などで活用したいとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220530/k10013649021000.html

「令状」「証拠」オンラインで 刑事手続きをIT化―来年、改正案提出・法務省検討(30日)時事

法務省は、刑事手続きをIT化し、逮捕や家宅捜索で必要な令状をオンラインで請求、発付する「電子令状」を導入する方向で検討を始めた。早ければ来年の通常国会に刑事訴訟法など関連法の改正案提出を目指す。政府の規制改革推進会議(首相の諮問機関)が27日まとめた答申を踏まえ、近く法制審議会(法相の諮問機関)に諮問する見通し。
 刑事手続きのIT化に向け法務省は昨年3月、有識者らによる検討会を立ち上げ、1年間の議論を経て、今年3月に報告書を取りまとめた。現状は紙でやりとりされている令状の電子化と、弁護人による検察の開示証拠の閲覧、コピーをオンラインでも可能にすることが柱。
 令状は捜査機関が容疑者の逮捕や家宅捜索など強制捜査を行うのに必要だが、現行法では書面で請求することが定められており、警察官らが裁判官に資料を持参して発付を受けなくてはならない。地域によっては長時間の移動を強いられ、迅速な捜査の妨げになっている。
 「司法統計」によると、2020年度、全裁判所が発付した令状の総数は44万1139件。法改正で「電子令状」が実現すれば、請求書類も令状も電子データとしてオンラインで送信可能になり、警察と裁判所双方の大幅な負担軽減につながる。
 また、弁護人はこれまで検察による証拠開示を受けると、直接検察庁に出向いて閲覧、コピーを取る必要があり、大量の証拠書類が作成された場合は大きな負担になっていた。証拠書類の電子データ化が実現すれば、弁護側は必要な証拠をデータで検索、受け取ることもできるようになり、事務作業の手間が省ける。
 司法分野のIT化は民事裁判で先行しており、提訴から判決まで手続きをオンラインで可能にする改正民事訴訟法が今国会で成立。刑事分野でもデジタル技術による業務の合理化が期待される。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900223&g=soc

大規模捜索を開始 3日間、国後島周辺も―6月1日に船体陸揚げ・知床事故(30日)時事

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部(小樽市)などは29日、現場海域周辺などで大規模な一斉捜索を始めた。依然として行方不明となっている乗客ら12人の発見に向け、31日まで実施する。

「今度こそ原因解明を」 観光船、1カ月ぶり海面上に―知床事故

 大規模捜索は、知床半島の沖合を重点的に実施。29日は国後島周辺にも海上保安庁の巡視船6隻を派遣し、これまで最大3隻だった態勢を強化した。
 3日間で船舶延べ約70隻、航空機同約20機が参加。海上自衛隊の掃海艇や道の漁業取締船などが加わるほか、民間の漁船や観光船も協力を予定している。道警による陸上からの捜索も続ける。
 同本部はカズワンの船体を6月1日に作業台船から網走港へ陸揚げすると明らかにした。国土交通省は同日午後、家族らに船体を確認してもらう予定という。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900229&g=soc

高速道のロードサービス GW中は36%増 3年ぶりに行動制限なし(30日)共同

ゴールデンウイーク(GW、4月29日~5月6日)中に高速道路で出動したロードサービスの件数は前年同期比36%増の34件(速報値)だったことが28日までに、日本自動車連盟(JAF)群馬支部のまとめで分かった。3年ぶりに行動制限のないGWとなり、高速道路で大きく増えたが、一般道ではほぼ前年並みだった。
 同支部によると、期間中の県内の道路は、関越道や上信越道などで渋滞が起こり、一般道も商業施設周辺で渋滞が発生した。ロードサービスの実施件数は一般道では2%増の624件とほぼ前年並みで、全体でも3%増の658件だった。ただ、草津温泉などの観光地を訪れる人が増えたため、山間部での救援要請が目立ったという。
 高速道の車へのロードサービスの出動理由はタイヤ関連13件、燃料切れ3件などだった。一般道の車への出動理由は、バッテリー上がりが145件で最多。タイヤ関連102件、鍵の閉じ込み49件と続いた。
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/122079

「めぐみは必ず、帰りたいと耐えている」 拉致・国民大集会で横田早紀江さん(30日)共同

北朝鮮による拉致問題の解決を訴える「国民大集会」が29日、東京都内で開かれた。拉致問題を「最重要課題」と掲げる岸田文雄首相は「全ての拉致被害者の帰国実現に向けて、自ら先頭に立って取り組む」と決意を示した。被害者家族は進展のない現状を嘆き、政府に具体的な結果を出すよう強く求めた。
 拉致被害者家族会などが主催し、約800人が参加した。新潟市で北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早…

残り761文字(全文:970文字)
https://www.niigata-nippo.co.jp/articles/-/67767

« 2022年5月29日 (日) | トップページ | 2022年5月31日 (火) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ