広島中央署は6日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と広島県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、県内の大学に通う岡本颯汰容疑者(20)=広島市西区三篠町=を逮捕した。署によると「思い出せない」と容疑を否認している。
逮捕容疑は昨年9月20日、18歳未満であることを知りながら、10代女児にいかがわしい写真を撮影させて交流サイト(SNS)で送信させて児童ポルノを製造したほか、同10月3日に自宅で同じ女児に対していかがわしい行為をしたとしている。
https://www.sankei.com/article/20220406-RULPRBR4G5NMBJOYRM27NXN66A/