同じ会社の女性が使うパソコンの内蔵カメラに細工を加え、女性の姿を自動的に撮影したなどとして、神奈川県警サイバー犯罪捜査課と大和署は4日、不正指令電磁的記録供用の疑いで、埼玉県川越市に住む会社員の男(57)を書類送検した。容疑を認めている。
書類送検容疑は令和2年6月10日、勤務先である東京都内のソフトウエア開発会社で、パソコンを整備する立場を悪用し、女性社員に貸与されるテレワーク用のノートパソコンの内蔵カメラが自動的に起動するように設定。同12日、神奈川県内に住む女性にパソコンを配布して女性のプライベートの映像などを撮影したなどとしている。
同課によると、男は取り調べに「仕事や家庭でのストレス解消のため、若い女性社員のプライベートをのぞき見たかった」などと供述。被害に遭った女性は同社に勤務する女性社員の中で最年少だった。昨年7月、女性がパソコンの内蔵カメラが起動していることに気付き、大和署に通報。捜査が進められていた。
https://www.sankei.com/article/20220404-JUR2DEMUJJMRVKETSL5RGSOI3Q/