埼玉県熊谷市で平成27年、ペルー人の男が住宅3軒に侵入し男女6人を殺害した事件で、男が最初に発覚した夫婦殺害に関与した可能性を県警が認識していたのに署から逃走したことなどを周知せず、妻子3人が殺されたとして、遺族の加藤裕希さん(49)が県に約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁(石垣陽介裁判長)は15日、請求を棄却した。
訴状などによると、27年9月13日、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン受刑者(36)=無期懲役が確定=は熊谷署から逃走し、14~16日、加藤さんの妻の美和子さん=当時(41)=と娘の美咲さん=同(10)、春花さん=同(7)=ら男女6人を殺害した。
加藤さん側は、ナカダ受刑者の逃走を防災無線などで周知しなかった県警の対応が警察権の不行使に当たると主張し、県警側は「殺人事件と男を明確に結びつけられなかった」と反論していた。
https://www.sankei.com/article/20220415-WKM4RCC5YBJO5B7SKKDF3LOMZU/