第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は30日、知床沖で沈没した観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の水中カメラによる調査について、海上自衛隊と海保それぞれが水中カメラ1台ずつを交互に投入して、内部の確認を進める方針を明らかにした。潮流が速い海中でケーブルが絡まる恐れがあるため2台同時は使えず、調査に時間がかかる可能性がある。
29日午前、救助要請のあった「カシュニの滝」から西北西約1キロの沖合の、水深約120メートルの海底で、海上自衛隊の掃海艇の無人機が水中カメラでカズワンを発見した。
1管によると、30日以降、海保も水中カメラを投入するが、潮に流されるため、定まった地点で継続的に捜索するのは難しい。船のドアや窓が開いていればそこから内部を確認できるため、船体周囲の状況の確認も急いでいる。
https://www.sankei.com/article/20220430-DA3SG3EB5ZMYBIUPK2YWQVHLTE/