ダークウェブで不正に入手した他人のクレジットカード情報を悪用し、iPhone(アイフォーン)の決済機能「アップルペイ」で高級腕時計などを購入、転売したとして警視庁組織犯罪対策特別捜査隊などは、詐欺と組織犯罪処罰法違反容疑などで住所不定、無職、金子祐也被告(36)=詐欺罪で起訴=ら4人を再逮捕した。金子容疑者は容疑を認めている。
同隊によると、4人はクレジットカードの情報を匿名性の高いダークウェブで入手し、カードの利用限度額の上限を最大まで上げるようカード会社に連絡。カード会社からの本人確認に答える個人情報もダークウェブで入手していたとみられる。
4人は薬物を介して知り合ったとみられ、金子容疑者がほかの3人に犯行を指南し、報酬の半分を受け取っていたという。同様の手口による被害は令和2年6~9月までで約5千万円に上るとみられる。同年、カード会社から不審な購入状況があると警視庁に連絡があった。
逮捕容疑は共謀し、2年7月ごろ、不正に入手したクレジットカード情報をアップルペイに登録し、東京都内のディスカウントストアでロレックスなどの高級腕時計7点(1175万円相当)を購入。都内の質屋で約840万円で売却したとしている。同隊は3月5日に4人を同じ容疑で逮捕し、4人は詐欺罪で起訴された。
https://www.sankei.com/article/20220407-VGJXN64ZPBOXVHA2KC77EGPW74/