カテゴリー

« 特殊詐欺3千万円被害 神奈川・鎌倉の80代男性(5日)産経 | トップページ | 「これが福祉なのか...」困窮者への特例貸付で破産連絡700件超 コロナ禍で大量申請、支援現場に葛藤(6日)共同 »

2022年4月 6日 (水)

災害迫る前、早めの避難を 人と防災未来センターで新作映像(6日)共同

阪神・淡路大震災の教訓を伝える防災学習施設「人と防災未来センター」(神戸市中央区)は5日、東館1階「こころのシアター」で新作映像の上映を始めた。津波や風水害が迫る前に、早めの避難を呼び掛ける約15分間の映像で、題名は「にげよう-大切な命を守るために-」。過去の災害の被災映像やアニメ、CGなどを組み合わせ、緊迫したトーンで行動を促す。
 河田恵昭センター長らが監修し、監督はNHKエンタープライズ(東京)の大島隆之シニア・プロデューサーが務めた。制作費は約1千万円。シアター上映作の変更は2011年以来、約11年ぶり。
 一般公開を前に報道機関向けの試写会があり、小学生が登場するアニメや、東日本大震災の状況などをまとめた新作映像が披露された。河田センター長は「災害の恐ろしさを実感として理解し、逃げることは生きることだと認識してほしい」と話した。大島さんは「映像を見た子どもたちが自分事として捉え、10年先でも思い出してほしい」と願いを込めた。
映像を見るには入館料が必要。東館のみ大人300円、西館・東館共通で大人600円など。高校生以下無料。同センターTEL078・262・5050(上田勇紀)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202204/0015196137.shtml

« 特殊詐欺3千万円被害 神奈川・鎌倉の80代男性(5日)産経 | トップページ | 「これが福祉なのか...」困窮者への特例貸付で破産連絡700件超 コロナ禍で大量申請、支援現場に葛藤(6日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特殊詐欺3千万円被害 神奈川・鎌倉の80代男性(5日)産経 | トップページ | 「これが福祉なのか...」困窮者への特例貸付で破産連絡700件超 コロナ禍で大量申請、支援現場に葛藤(6日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ