カテゴリー

« 「ボンネットから火が…」 男子高校生、車内から逃げ出す 指宿で車両火災(6日)共同 | トップページ | 「削除認めず」二審見直しか ツイッター逮捕歴、5月弁論―最高裁(6日)時事 »

2022年4月 6日 (水)

「ロシア兵、眼前で男性銃撃」 集団殺害のブチャ―住民、恐怖の証言・ウクライナ(6日)時事

【ブチャ(ウクライナ)AFP時事】ロシア軍の撤収後、民間人とみられる遺体が多数見つかったウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊のブチャ。地元住人は、占領から数週間して年長の兵士らが現れてから事態が悪化し、町に恐怖が広がったと語った。

「ブチャよりひどい」 他にも民間人犠牲―ウクライナ

 地元に住む2児の母オレナさん(43)は赤いニット帽とフリース姿でAFP通信の取材に応じた。表情は暗く、考え込むようなそぶりを見せた。「私のまさに目の前で、彼ら(ロシア兵)はスーパーに食料調達に向かっていた男性に発砲した」と証言した。
 ブチャはロシア侵攻開始直後の2月27日に占領され、ウクライナ軍が先週奪還するまで約1カ月にわたりロシアの支配下に置かれた。オレナさんは3月中、7歳と9歳の子供と共に、電気もない4階建ての建物の地下室に身を潜めていた。
 オレナさんによれば、最初のうちは大部分が若い兵士だったが、2週間後には年上の兵士が現れた。若者に比べ「残虐」で「(年上の兵士は)40歳以上だった。誰も彼も虐待し、それから大量虐殺が始まった」と振り返る。「(彼らは)充実した装備で、(通常のロシア軍のものとは異なる)黒と濃い緑色の制服を着ていた」とも語った。
 ブチャにはウクライナ軍はおらず、地元民でつくる地域の防衛部隊のような存在があったが、ロシアの侵攻後に逃亡したという。
 AFP記者は先週、ブチャ市内の通りの一つで、民間人の服装をした少なくとも22人の遺体を確認した。今月4日には手を縛られた5人の男性の遺体が児童療養施設の地下から見つかった。また、ブチャの市長は280人が集団墓地に埋葬されたと語るなど、遺体が次々と見つかっている。
 これに対し、ロシア側は市民殺害を全面否定している。ペスコフ大統領報道官は4日、ウクライナ当局が発表したブチャの状況を映した動画について「(ロシア)国防省の専門家はフェイク(偽情報)だと確認した」と主張した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022040600544&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 「ボンネットから火が…」 男子高校生、車内から逃げ出す 指宿で車両火災(6日)共同 | トップページ | 「削除認めず」二審見直しか ツイッター逮捕歴、5月弁論―最高裁(6日)時事 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ボンネットから火が…」 男子高校生、車内から逃げ出す 指宿で車両火災(6日)共同 | トップページ | 「削除認めず」二審見直しか ツイッター逮捕歴、5月弁論―最高裁(6日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ