カテゴリー

« 若者の再犯防止、企業に委託 少年院出た後の学び支援(24日)日経 | トップページ | スパッツ万引疑い、海上自衛官逮捕 神戸(24日)産経 »

2022年4月24日 (日)

法廷から 「強制帰国は嫌」死産で遺棄、ベトナム人実習生の苦悩(24日)産経

自室で死産したわが子の遺体を放置したとして死体遺棄罪に問われ1、2審で有罪判決を受けたベトナム籍の技能実習生の女性が、無罪を訴えて上告している。「妊娠が発覚すると帰国させられる」と考え、周囲に相談することなく出産。遺体を段ボール箱に入れて一晩、自室で保管していた。事件からは、生産現場で貴重な「労働力」となっている実習生を取り巻く問題が透けてみえる。

段ボールに「保管」

上告したのはレー・ティ・トゥイ・リン被告(23)。弁護団などによると技能実習生として平成30年に来日、熊本県内の農園で働いていた。令和2年11月15日、寮の自室で双子の男児を死産。受け入れ先の農園や受け入れ企業の支援を行う監理団体に相談することなく、一人で出産した。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20220424-B6FRWWOV4JLPZCLHEJTVMM5TGY/

« 若者の再犯防止、企業に委託 少年院出た後の学び支援(24日)日経 | トップページ | スパッツ万引疑い、海上自衛官逮捕 神戸(24日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 若者の再犯防止、企業に委託 少年院出た後の学び支援(24日)日経 | トップページ | スパッツ万引疑い、海上自衛官逮捕 神戸(24日)産経 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ