マンション階段には血痕が滴り落ちていた…。東京都大田区北糀谷のマンション一室で28日夜、男が女性を切るなどして暴れ、猟銃のようなものを持って立てこもった事件で、避難した住民らが、緊迫の状況を語った。
「女性が刃物で刺され、相手(男)が暴れている」
事件の発覚は28日午後10時半ごろ、1本の通報からだった。警視庁蒲田署員が駆け付けると、すでに女性は解放されており、腕に切り傷を負っていた。
そして、警察官が保護中に、発砲音らしき音を2発確認したという。
「近くの店で飲んでいたら銃声のような音が聞こえた。何だろうと思って出てみたら、マンションの方から住民と思われる人が何人も逃げてきた」。近くに住む40代の男性は語る。
警察官のほかに救急隊も駆け付け、現場付近には規制線が張られ、ものものしい雰囲気になった。
女性が切りつけられたのはマンション3階の一室。猟銃のようなものを持った男は居住者で、30代とみられている。
同じ階に住む男性(29)はパトカーのサイレンの音がうるさいと、カーテンを締めた直後に、自分の部屋のインターフォンが鳴った。
「近所で銃を持った人がいるので逃げてください」
応対すると警察官から、そう告げられた。すぐにダウンジャケットを羽織り、素足にサンダル、半ズボン姿で外に出た。
階段で1階まで駆けおりたが、廊下には、血がポタポタと滴り落ちているのが確認できた。男性は「ここが現場なのかと思い、怖くなった」と話した。
男は日付をまたいだ29日も、猟銃のようなものを手に1人で立てこもっているとみられ、警視庁の警察官が説得を続けている。
https://www.sankei.com/article/20220429-TTNZCBGRSFNCNFHWUHI6HI4AE4/