海上保安庁によると、23日午後に北海道の知床半島沖で発生した観光船の浸水事故で、乗客は24人で、うち子供が2人含まれていることが分かった。乗員は2人で全員が救命胴衣を着用しているという。
海保が派遣したヘリコプターは近く現場に到着する見込み。巡視船の到着は午後5時半ごろになるとみられている。