カテゴリー

« 東京都 新型コロナ 新たに6052人感染確認 前週比700人余減(27日)NHK | トップページ | 海底で反応があった物体は「岩の起伏」 知床の観光船不明、探索続く(27日)朝日 »

2022年4月27日 (水)

知床 観光船遭難 現場周辺“岩多く強い潮流も” ダイバー証言(27日)NHK

北海道の知床半島の沖合で起きた観光船の事故で、遭難現場とみられる斜里町の「カシュニの滝」周辺の海の中を、過去に撮影した映像が、NHKに寄せられました。

今の時期の水温の感覚「冷たいというよりは痛い」

映像は、40年以上にわたって知床の海に潜り続けているダイビングガイドで、水中写真家の関勝則さんのダイビング仲間が、2004年9月に「カシュニの滝」周辺の海を潜水した時に撮影したものだということです。
映像には、海底にさまざまな大きさの岩が転がっていて、岩の隙間をダイバーが泳いでいく様子が映っています。
関さんによりますと、現場周辺の砂地の海底には、1軒の家の大きさほどの岩がある場所もあって、船の航行には注意が必要だということです。
また、知床岬に向かって強い潮が流れていることもあるということで、映像では、ダイバーが足を動かしても、なかなか前に進まない様子が分かります。
撮影されたのは9月ですが、ダイバーは厚手の潜水用のスーツやグローブなどを着用しています。
関さんによりますと、今の時期の水温は9月よりもさらに低く、冷たいというよりは痛いという感覚で、スーツを着ていても、長時間潜り続けると体温が奪われて、危険な状況に陥ることもあるということです。
関さんは「非常に残念な事故が起きてしまった。乗客が上陸していたり、流された船に乗ってくれていたりすればと思っていました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220427/k10013601841000.html

« 東京都 新型コロナ 新たに6052人感染確認 前週比700人余減(27日)NHK | トップページ | 海底で反応があった物体は「岩の起伏」 知床の観光船不明、探索続く(27日)朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都 新型コロナ 新たに6052人感染確認 前週比700人余減(27日)NHK | トップページ | 海底で反応があった物体は「岩の起伏」 知床の観光船不明、探索続く(27日)朝日 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ