18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、静岡県警が県青少年環境整備条例違反の疑いで男性巡査を書類送検していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。巡査は減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受け、依願退職した。
県警は処分を公表していない。監察課は「警察庁の指針に沿って判断した」と説明している。
捜査関係者によると、書類送検容疑は1月19~20日、県内で18歳未満の少女にわいせつな行為をした疑い。書類送検は3月11日付。
https://www.sankei.com/article/20220401-5FLVVWVSHFONDKJQT276SZHCE4/