新型コロナウイルスのワクチン接種に反対する団体「神真都(やまと)Q会」が東京都内のクリニックに押し入り自称リーダーら5人が逮捕された事件で、同会は今月24日に予定していた全国同時デモを取りやめることが21日、分かった。メンバーの逮捕などを受けて中止を決めたとみられる。
神真都Q会のメンバーらは、4月7日午前9時半ごろから1時間以上にわたり、新型コロナワクチンの接種に抗議するため渋谷区のクリニックに侵入したとして、同会の自称リーダー、倉岡宏行容疑者(43)らが建造物侵入の疑いで警視庁公安部に逮捕された。10人ほどがクリニックに抗議に訪れていたという。
神真都Q会は今年1月から全国各地で反ワクチンデモを行い、最大で6千人超を集めたが、4月3日に行った全国同時デモの参加者は半減していた。ホームページなどで24日にも全国同時デモの実施を呼びかけていた。
https://www.sankei.com/article/20220421-K5OC4RUPAVJVPMWVJUJUETEIBU/