米連邦捜査局(FBI)は14日、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」と「APT38」がオンラインゲームのネットワークに攻撃を仕掛け、約6億2千万ドル(約780億円)相当の暗号資産(仮想通貨)を窃取したと発表した。米紙ウォールストリート・ジャーナルは、窃取規模は仮想通貨としては最大級だとしている。
米紙ワシントン・ポストによると、攻撃されたのは人気ゲーム「アクシー・インフィニティ」。ハッカーは運営に使われている仮想通貨の基盤技術ブロックチェーンの一部に侵入。3月下旬に被害が発覚したという。
ラザルスとAPT38はいずれも北朝鮮の情報機関、偵察総局の傘下。うちラザルスは、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて米国が作成した国連安全保障理事会の追加制裁決議案で資産凍結の対象にされている。(共同)
https://www.sankei.com/article/20220415-QJYIA5Z5CFKHHDDHILJTLAONRQ/