カテゴリー

« 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK | トップページ | 成人「なりたて」狙う悪質商法 SNS・憧れが落とし穴 18歳成人(15日)日経 »

2022年4月15日 (金)

僧侶2人が「1分足らずで消火」 甲斐善光寺、訓練生きて大火を回避(15日)朝日

本堂内の廊下に掛けられた「戸帳」と呼ばれる布が焼けた甲府市の甲斐善光寺。一夜明けた14日、甲府署は本堂や境内の巡回を始めた。7年ぶりの「御開帳」で多くの参拝客を迎え入れる中でのトラブル。寺関係者は「消火訓練や日ごろの備えで大火を免れた」と胸をなで下ろしている。
 甲府署や寺によると、13日午後2時40分ごろ、本堂西側の廊下から出火した。壁に掛けられた戸帳(縦約3・5メートル、横約3メートル)の一部、約1平方メートルが焼けた。戸帳が覆う壁や柱には黒い焼け跡が残っていた。
 廊下は幅約2・5メートル。本堂奥の戒壇(かいだん)に通じ、参拝客の通路となっている。寺は「ろうそくや電気配線など出火につながるものはない」と説明する。
 出火当時、現場から約30メートル離れた場所にいた寺のアルバイトらが煙に気づき、僧侶2人が消火器を使って消火した。副住職の吉原知仙さんは「出火に気づいてから消火するまで1分足らずだった」と振り返る。
 甲斐善光寺の本堂と山門は1754年の火災で焼損。その後、再建され、現在は国の重要文化財に指定されている。毎年1月の「文化財防火デー」に合わせた消火訓練では、僧侶らが消火器や消火栓の設置場所と使い方を確かめている。吉原さんは「木造建築の寺にとって一番怖いのは火。今回は不幸中の幸いだった」と話す。
 甲府署は「御開帳」の期間中…

https://www.asahi.com/articles/ASQ4H2D78Q4GUZOB007.html

この記事は有料会員記事です。残り81文字

« 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK | トップページ | 成人「なりたて」狙う悪質商法 SNS・憧れが落とし穴 18歳成人(15日)日経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK | トップページ | 成人「なりたて」狙う悪質商法 SNS・憧れが落とし穴 18歳成人(15日)日経 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ